読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

2万円で買った暗号通貨「ホリエモンカード」が1日で12万円に高騰した

f:id:CoffeeTimes:20160322230037p:plain

 

よく知られているビットコインの他に、Altcoin(オルトコイン)と呼ばれるいくつもの暗号通貨があります。

そのうちの1つである「XCP」というコインを使って、自分のオリジナルコイン「トークン」を作ることができます。

そしてホリエモンが「HORIEMON CARD(ホリエモンカード)」というカードというかコインを発行しました。

 

IndieSquare Wallet.というアプリで購入できます。

 

 

 

cryptocurrencymagazine.com

 

 

 

私も保有していたビットコインで購入しました。買い方は以下。

 

1.IndieSquare Wallet.で、ウォレットと言われる財布をつくる。(アカウント登録みたいなもの)

2.自分の持っているビットコインを、1で作ったウォレットに送る。(アプリに表示されるアドレスか、QRコードに送る)

3.10分くらい待ってビットコインの入金が確認されたら、アプリの「Shapeshift」の項目を押して、ビットコインをカンターパーティ(単位はXCP)というコインに交換する。

4.ここでも数分待ってからXCPへの交換が完了した後、アプリの「取引所」へ行き、左上の「トークン」を押す。

5.出てきた画面の「taken name」に"HORIEMONCARD"と入力して「search」を押す。(HORIEくらいで検索してもでてきます。)

6.ホリエモンの顔の写真がうつってるHORIEMONCARDを押すと購入画面になります。

7.最低購入価格を押して数量をいれれば、その分だけ買えます。

 

そのときの価格は、1枚あたり=30XCP(7000円)で、合計2万円分です。

1日経った今みてみると、価格は12万円まで高騰しています。すごいなぁ〜。

 

(4月15日追記: 4月15日現在では、ホリエモンカードの価格は、1HORIEMONCARD=170XCP=28000円程度と高価格を維持しています。ちなみに1単位で買う必要はないので、0.1ホリエモンカードを2800円で買ったり、0.01ホリエモンカードを280円で買ったりできます。)

 

この「ホリエモンカード」はブロックチェーンの技術によって改竄されないようになっているので、1000枚発行された枚数を増やすことはできません。限定発行されたトレーディングカードのようなものです。市場に売り出す量は発行者が決められるので、株のようでもあります。

ホリエモンカードの保有者は、限定のイベントに招待されるのか、何もなく投機のためだけに使うのか、全く予想できませんが、値動きを見ているのは非常に面白いです。

 

ビットコインのような暗号通貨が今以上に普及するには、投機によって億万長者が生まれることが大切なような気がします。というのも、みんなこのホリエモンカードが儲かるぞ、となって買い出し、ビットコインやブロックチェーンに触れたからです。儲かるという欲望が、それを使う動機を与え、使われるほど、スタンダードになっていくわけです。

だから今私が保有しているホリエモンカードとNEMが高騰し、便利な社会の実現に一役買えればいいなと。笑

そしてその体験を、このように個人ブログに書き綴ることも、暗号通貨・仮想通貨の普及を少し近づけるはずです。

 

ちなみにビットコインの購入は、Coincheckがおすすめです。簡単ですし、手続きが面倒な人は、クレジットカードがあれば買えます。あとはAltcoinの取扱も一番多い。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

ちなみに取引所の比較レビューはこちら

coffeetimes.hatenadiary.jp

 

 イノベーションは、来る未来を近づけるもの 

こうやって暗号通貨の未来を考えていると、面白いテクノロジーとかイノベーションって、「当然実現する未来をちょっと早くする」だけなようにも感じます。

論理的に考えると暗号通貨は間違いなく普及するし、自動運転車の社会も実現する。VRでゲームに没頭する日も近いし、アメリカの衛生ベンチャーが数億円調達してきたように宇宙のビジネスや移住も必ずくる。再生医療はゲノム解析と幹細胞の研究によって発達し、平均寿命もそれに伴って伸びる。

起業家やイノベーションやテクノロジーは、これらの実現を少し早める役割をしているのです。

 

NEMのブロックチェーンで存在証明されたkindle本を出版しましたので、目を通していただけると嬉しいです。

広告を非表示にする