The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

スケーリングに取り組む企業「StarkWare」のプロダクト “StarkDEX” と “StarkPay” とは

概要

StarkWareはイスラエルを拠点とするスタートアップで、ZK-STARKという技術を使ったアプリケーションを開発しています。STARKは、Scalable、Transparent、ARgument of Knowledgeの略です。

最初はEthereumだけに絞っていたようですが、他のプラットフォームにもSTARKおよびそれに準ずる技術を導入するというのが現在のスコープのようです。

目指すところはSTARKを使用したスケーラビリティ問題を解決です。発表されている具体的なプロジェクトは「StarkDEX」で、DEXが処理できるトランザクションを拡大するための、0xチームとの共同プロジェクトとなっています。さらに最近の発表されたのは「StarkPay」で、STARKを使ってブロックチェーンの支払いをスケールさせるものです。

資金調達

StarkWareに独自トークンはなく、2回の資金調達ラウンドで合計$40millionを調達し、さらにはEthereum Foundationからグラント(助成金)を受けています。
投資家には、Multicoin Capital、Polychain Capital、Paradigm、Pantera Capitalなどの巨大ファンドや、エンジェル投資家として有名な Naval Ravikant もいます。

スケーラビリティのためのSTARK

パーミッションレスなブロックチェーンはネットワーク参加者全員(ノード)が、ブロックチェーンを検証できます。しかし検証にはコストがかかりますし、スケールしません。
したがって、素早く検証することが可能な証明(トランザクションの整合性の証明)が必要で、StarkWareは、STARKを使用してこれらの課題に対処することを目指しています。

STARKを使用すると、証明の時間は計算量に準線形に比例しますが、検証時間(証明の検証)にかかる時間は短くなります。その度合は、指数関数的に短くなると言われています。
この速い検証のおかげで、これまでよりもトランザクションの整合性を検証する参加者が増えるとも期待されています。

STARK DEXには「証明者」と「検証者」がいます。それぞれProver, Verifilerと呼ばれます。
「証明者」は証明を計算するためにオフチェーンで作業する必要があり、その証明は、後にチェーンに格納されます。
「検証者」は証明の正当性を検証するために、オンチェーンでは対数的な計算を実行するだけで良いことになります。

StarkDEX

STARKを導入することで、DEXの取引の決済段階(settlement時)のスケーラビリティが向上する予定となっています。これはパフォーマンスがブロックチェーンの性能に大きく依存するDEXにとっては朗報と思います。

Ethereumにおいて、チェーン上の取引決済には100,000~200,000のガスがかかると言われています。(参考: )これは、1秒間に3取引の決済と速度になります。たとえEthereumのすべてのリソースがDEXの取引決済に使われたとしてもこれだけの数のみ決済(または約定)されます。

・流れ

StarkDEXを使用すると、トランザクションは最初にオフチェーンに存在する証明者に送信されます。証明者はトランザクションを処理し、それらが正しいことの証明を生成し、新しい状態のMerkle Rootと一緒に、オンチェーンの「検証者コントラクト」にその証明を送信します。さらに証明者は、オフチェーンのデータを更新します。

・期待できる効果

現在、DEXトレードの総ガスコストは、取引数に比例して増加します。2019年2月の「Stanford Blockchain Conference」にて、StarkWareのEli Ben Sassonが 30トレードの証明を検証するのに最大$ 5.5 millionのガスがかかることをデモしました。しかし取引数を17倍に増やし、500取引の検証をしても、ガスは$ 6.7 millionで済んだことも同時にデモをし、取引数を17倍に対してガス代は1.2倍しか増加しないことをみせています。

さらに最近Twtiterでは、Ethereum上の単一ブロック内で8000取引のまとまりを決済するための証明を生成したこと、1取引あたりのコストが1000ガス未満であること、秒間に500取引の決済をできることをツイートしています。
上で書いたように、通常は、たとえEthereumのすべてのリソースがDEXの取引決済に使われたとしてもEthereumで秒間3取引の決済ということを考えると大幅にスケールしていることがわかります。

このStarkDEXは、4月中旬にEthereumテストネットで発売される予定です。

 

この続きは、StarkPayや今後の課題についてTokenLabで配信していますのでどうぞ。

 

 

 

f:id:CoffeeTimes:20190405200518p:plain

 

バーチャル空間に電子アセットを組み込むDecentralandの展望(LANDおよびMANAトークン)

Decentraland概要

Dencentralandは、Ethereumチェーン上のVRプラットフォームのプロジェクトです。デジタル世界を作り、その世界の土地1区画の所有権をトークン化するというものです。コンテンツ・クリエイターは、作ったコンテンツの所有権の証明ができますし、そのデジタル資産から価値がついて収益を上げることもできます。

現在のVRは、Facebookなどの大きな中央集権組織が持つプラットフォーム上で、ユーザは集まったり、相互に関わったり、コンテンツをシェアしたり、ゲームで遊ぶという具合ですが、チームの主張としては「中央集権型サービスよりも分散型モデルのほうが、VR空間の参加者が恩恵を受けることができる」としています。

つまり1つの組織に多くの利益が流れ込むのではなく、ユーザと貢献者(コンテンツクリエイター等)が、プラットフォーム上で行われた取引・トランザクションから利益を得ることができるようになります。

さらに、分散型プラットフォームは、サーバなどのダウンタイムやデータを見られるような検閲リスクの排除することが可能です。

トーク

Decentralandは2つのトークンを発行・流通させています。LANDとMANAです。

Non Fungible TokenであるLANDトークンが、Decentraland世界内の土地の一画の所有権を表します。LANDトークンには、VR空間の場所を示す「座標」と、参考情報がパラメータとして記録されています。
ユーザがLANDを手に入れるには、ERC20であるMANAトークンをバーン(焼却)する必要があります。MANAトークンは、そのVR空間でのグッズやサービスを購入する際にも使うことができます。

2017年12月に最初のLANDトークンが複数オークションで売り出されました。このLANDが「最初に作られた街」の中の土地の所有権を示すもので、この最初に作られた街は、GenesisブロックならぬGenesis Cityと呼ばれています。

2018年3月には、Decentralandのマーケットプレイスがリリースされ、Genesis City内の土地(LAND)が売り買いできるようになりました。https://market.decentraland.org/

また地図でその土地を散策することも可能となりました。この地図はATLASと呼ばれています。https://market.decentraland.org/0/0 2

 

 

モバイル、Web、別のVRプラットフォーム等からDecetralandの世界へアクセスできるようなアプリや方法を開発中です。

 

以降、https://token-lab.org/t/topic/397

 

- プラットフォームの仕組み

- トークン配布

- VRに関する考察

 

 

0xトークン「ZRX」の投資判断

0xのトークンであるZRXに関して、投資的な視点から見ていきます。

※投資のアドバイス等ではないので、投資は自身で十分なリサーチを行ってから自己責任でお願いします。

 

背景

  • トークンの役割
    1. リレーヤーの手数料
    2. ガバナンスの権利
  • ZRX の時価総額:$161 M
  • 流通量 585 M ZRX
  • 総合サプライ 1,000 M ZRX

【ホルダー内訳】

  • トークンセール$24 M 分: 50%
  • 0x持ち分:15%
  • Dev:15%
  • Founders:10%
  • Early Investors/ Advisors: 10%

 

f:id:CoffeeTimes:20190323152113p:plain

 

【価格】

  • ZRXトークンセール時:0.04 USD
  • 現在の価格:0.27 USD
  • All Time High(ATH:最高値):2.50 USD

価値の話

1. トークンの役割であるリレーヤー手数料としての価値

0x Tracker でみると、リレーヤー手数料は2017年から2019年1月までで約$3,300程度
=> これは手数料を(今の所)無料にしているリレーヤーが多いため。
=> よって手数料としての価値はあまりないが、トークンを分散させるためにもこの方式を採用している。
=> 今後はZRX以外でも手数料として使える提案(ZEIP-28)が実装されそうなので、この用途での価値は今後も期待できそうにない。

2. トークンの役割であるガバナンスのトークンとしての価値

  • 結局を0xに投票する、ガバナンスに参加するのに、いくら払いたいか?

手法1. $10M収益のリレーヤーが51%のZRXを取得するための価値:

a. 収益をあげるリレーヤーの現状の価値を算出
b. 次にフォーク後のそのリレーヤーの価値を算出
c. その後(a)の値から(b)の値を差し引き、このリレーヤーが 51%のZRXを買う最大値を算出

※ 簡単に言えば、「このフォークコストを払うくらいなら、ZRXを51%保有して自分に都合の良い提案を通したり、壊されたりしないほうを選択するために払っても良い」という価格

 

手法2. 今後1年間で交換を実現する金額を元に、払ってもいい手数料を想定:

  • 簡単に言えば、0xがあれば●●出来高の交換が実現できるので手数料を払っても良い
    →その手数料の累計をネットワーク価値とする
    →壊されるとなくなると困るため、議決権の51%を支持者が払いたい場合の価格

  • Wyre手数料0.25%を仮置き

 

そもそもガバナンストークンとしての意味があるかという批判に対して

  1. 残高を変えるAssetProxiesのアローワンス有効
  2. コントラクトのアクセス許可の有無 Exchange, AssetProxies, Governance module
  3. 0xプロトコルとやり取りしているその他外部のコントラクト、利用しているアプリ
    →同じオーダーは使えないし、離脱コストが非常に高い。

 

Hypothetical Question -では 価値を留めるにはどのようなモデルが考えられるか-

 

a. ステーキング

  1. リレーヤーによるステーキング

  2. トレーダーによるステーキング

  3. Token Execution Coordintor(TEC)によるステーキング

  4. マーケットメイカーによるステーキング

 

 

b. バーン(Kyber Networkの方式):

  • チームは明確に否定、オープンプロトコルとしての崩壊となる。
  • EthereumがETHをバーンしないのと同じ

 

c. その他重要な要素

0x version 3.0

ガバナンスへの経済的インセンティブ

 

 

詳細はTokenLabのこちらのスレッドにまとめています。