The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

Basic Attention Token(BAT)とBraveの仕組みを見る

Coinbaseが取扱を検討していて、話題のBATですが、「Brave社にデータを渡すことによりBATがもらえる新しいブラウザ!」とかいうweb3.0の思想をわかっていない見当外れな記事を多く目にしましたので、少しここで書いていきます。

チームについて

サンフランシスコに拠点を置くプロジェクトです。ブラウザのFireFoxや、プログラミング言語Javascriptの生みの親であるBrendan Eich氏がチームを率いています。

2017年5月にICOを実施し、35億円を30秒で調達しました。このICO参加するためにEthereumの手数料(Gas)を$6,600(約70万円)に設定しているトランザクションあったほど競争状態となり、参加を試みた10,000トランザクションのうちわずか185トランザクションだけが購入に成功したという競争率でした。

f:id:CoffeeTimes:20181101135438p:plain

チームの解決したい課題

Whitepaperではこの部分が分厚く書かれていますが、要点を整理して書くと、インターネット広告が複雑で非効率であるということです。 

インターネット広告はざっくり以下の3つの人物が登場します。

  • 広告を出稿して宣伝をしたい広告主(何でもいいですが、例えば広告を出したいスポーツショップ
  • 広告を自社のwebサイトやブログに掲載する掲載者(例えばブロガー)
  • その広告を見る一般のユーザ(ブラウザを使う普通の人)

しかしそれらの間に多くの"仲介者"がいて、恐ろしく複雑になっています。例えばユーザのデータを収集、トラッキングをするようなツールもそれに当たりますが、これは同時にユーザのプライバシーもとられていることを意味します。

 

 

この複雑かつ個人情報が好きなように使われるという状況には、多くの弊害があり、

例えばモバイル広告では、

  • 月に$23分のデータ料金が余計にかかっている
  • ページ読み込みが広告のせいで遅い
  • 21%も早いバッテリー寿命になっている

という欠点があります。

そのため今は60億ものモバイルやデスクトップが、広告をブロックするソフトウェアを使っていて、この割合は上がり続けています。

その結果、広告を掲載して収益を得る掲載者はどんどん広告収入が下がり、過去10年で66%下がったというデータもあるとホワイトペーパー内で言われています。

つまり、
・掲載者は、広告がマッチしないので収益は下がり、
・ユーザは、データを侵食され、セキュリティとプライバシーを脅威にさらされ、遅いダウンロード、モバイルデータによる月額料金の増加、自分とは関係の薄い広告に惑わされ、
・広告を出す広告主は、広告により適切なユーザに宣伝が出来ない

と、すべての登場人物がうまくいかなくなってきていると課題感を定義しています。

(BATを追っていると、最近では特にFacebookの個人情報データ濫用がよく批判されている背景もあり、プライバシーを守る時代になっているという主張を良くみかけます。)

この課題に対する解決策が、彼らの開発する:

  1. Braveブラウザ
  2. ブロックチェーン上のトークン(BAT)

の組み合わせ、ということになります。

では具体的に見てみましょう。

アプローチ:Braveブラウザ と BATトーク

【概要】
Braveブラウザはすでに使うことができます。従来のブラウザと比べてブラウジングが速く、オープンソースで、プライバシーに特化したブラウザです。
サードパーティの広告や、トラッキングソフトをブロックします。

またBraveブラウザは、ブラウザ内でユーザの挙動を機械学習し、ユーザについて把握します。もしユーザが、広告を見ても良いと設定すると、ユーザ情報を元に、相関性の高い広告が掲載されます。ユーザは広告を表示させるかわりに報酬をもらうことができます。このとき、報酬として使われるのがBATです。

報酬の額ですが、Braveブラウザは、ユーザの「アテンション(関心・注目)」を計測し、それに応じて掲載者(webサイトなど)とBraveを使うユーザに報酬が渡されます。

Braveではこの「アテンション」を、「広告を何秒間みたか?」という数値で表現しています。

「ユーザのアテンション(関心、注目)は、価値があるのに、これまで適切に値段付けされてなかった、たくさんの量の情報がネット上で生成される一方で、アテンションは限りがあり、貴重である」とホワイトペーパー内で主張しています。

まとめると、以下の図のように広告主がお金を出して広告を出します。基本的にはすべての広告をブロックしますが、ユーザはBATをもらえるなら広告をONにしても良い、と設定すると、関連性のある広告が表示され、それを見た秒数などによって、広告掲載者(ブログやwebサイト)にもBATがもらえます。元手は左したの広告主の広告予算になります。

 

f:id:CoffeeTimes:20181101135458p:plain

詳細の部分や、アテンションの算出方法は、TokenLabで書いています。

【Elixxirの概要】暗号通貨の生みの親 David Chaumの新しいブロックチェーンとは

2018年9月末にシンガポールでConsensusというイベントがありました。
そこで突如公開されて話題になっているのが、Elixxir(エリクサー)というプロジェクトです。

話題になっている理由は、プロジェクトを率いるのが、David Chaumだからです。
彼は、Bitcoinが参考にしたと言われるDigiCashやeCashの生み親として知られています。
https://www.chaum.com/ 

 

【サマリー】
Elixxirは、既存のブロックチェーンの課題を解決するチェーンです。それでいてプライバシーが保たれます。支払いに重点が置かれています。

ユーザの視点から利点をまとめると

となります。

ノードの参加者が増えれば、スケールできるパフォーマンスも理論上比例して伸びるというアーキテクチャになっています。そして秒間に数万トランザクションを処理するというのが彼らが予想している値です。

ノードは、トークンのステーク(デポジット)することにより、ちゃんと仕事をする動機づけがされ、スループットを最大化させると同時にセキュリティは担保します。
また支払い時にはデジタル署名でなく、hashベースのownershipを使う仕組みが使われます。

 

アーキテクチャ概要】

・匿名性

Mix Networkを元にしています。Mix Networkとは1981年にDavid Chaum氏自らが以下の論文で考案しているネットワークです。https://www.freehaven.net/anonbib/cache/chaum-mix.pdf 1

何かというと、通信経路を決めるためのルーティングプロトコルで、通信の発信元、通信の内容、通信の宛先の関係をなくすため(わからなくするため)に暗号を使っています。

これで匿名性のあるブロックチェーンを作っています。

 

・コンセンサス

Elixxirでは、ノードのうちの一部がブロックを生成するノードとして選ばれます。選ばれたノードたちは「チーム」になって、協力してブロックを生成します。このチームは一時的なもので、ブロック生成が終わったら、チームは解散します。
画像で説明すると、資格になっているのがノードで、青色になっているのがチームに選ばれたノードです。

55

以下のような動画だとより分かりやすいと思います。このように異なるノードがランダムに選ばれてチームになります。

563ef01

このチームは、以降の章で説明するコンセンサスプロトコルを使って、一連の処理を検証および決定します。
一連の処理とは、暗号化されたメッセージを匿名化し、復号化される前にすべてのメッセージを処理していいよねと独自に判断し、最終的に、暗号化されたメッセージ(トランザクションを含む)を復号します(暗号を解除します)。

それが終わって、解散し、また次にランダムに選ばれるまで待機します。

以下の画像の四角のところがノードの処理で、双方向からのメッセージ(トランザクション)を処理し、匿名にします。

03

 

■Precomputation:(Preという接頭語は「先」や「前」という意味がある通り、事前に計算をしておくという意味です。)

これは速度上げるために考えられた手法です。

「チーム内のノードたちが、ブロックを生成するために、どのような処理をすべきか」というテンプレートをこの事前計算で定義します。そして事前に行うことで、メッセージ・トランザクション情報が届く前にテンプレートが出来上がります。

10

これにより、ユーザの視点からすれば、トランザクションを作ったときには、ブロックに格納し、それを確定するのみなので、数秒で送金が完了します。

 

続き>>

token-lab.org

暗号通貨Custody(カストディ)サービスの企業紹介・ビジネスモデル

目次

  • Crypto Finance
  • Swisswquote
  • xapo
  • Vo1t
  • BitGo
  • ALTAIRIAN CAPITAL
  • BANK FRICK
  • Bitcoin Suiss AG(Swiss Crypto Vault)
  • GEMINI
  • itBit
  • Digital Asset Custody company
  • koine Finance
  • kingdom TRUST
  • Coinbase
  • Trustology
  • Fusang Vault
  • Smart Valor

 

 

Custody(預かり)サービスを始める事業者が増えてきました。資産を預かるサービスのことです。

暗号通貨が新しいアセットクラスとなりつつあるため、VCやファンドといった機関投資家が参加し始め、そういった層からの需要が出てきています。

さらに暗号通貨の初期からのホルダーで富豪になった人にも需要は出てきますし、時代が進み、老化してしまった人に対する預かりサービスも出てくるでしょう。

この分野に関しては、経済的な堀を作れる領域です。ユーザ視点で見ると、一度使うと別のサービスに乗り換えるコストが高い分類に当たるからです。

この場合のコストとは、「技術的にリテラシーがいる」「時間的に面倒」「乗り換え時にフィッシングやタイピングミスなどのリスクがある」などすべて考慮したもので、「それならいいや」と同じサービスを使い続ける心理が働きやすくなります。

したがって、解約率(チャーンレート)が低いタイプのサービスであり、それに加えて多くの顧客を抱える実績があれば安心して預けられるため、新規顧客も増えるというネットワーク効果(好循環)も働きます。

どのようにマネタイズしているかというと、大手のCoinbaseでは、この預かりサービス対象者として最低 $10 million以上の資産保持機関・個人を対象としています。そしてセットアップ手数料として$100,000 に加えて 0.10%/月の手数料を設定しています。

それでは具体的な企業を俯瞰していきます。

企業名の下に表を設けていますが、 「本業の業界」「拠点」「設立年」「扱う通貨」の順番に表示しています。

Crypto Finance 

05

Crypto Fund AG (Asset Management), Crypto Broker AG (Brokerage), and Crypto Storage AG (Storage).の3つのビジネスからなります。ここでは3つ目のStorageサービスがCustodyにあたります。

秘密鍵をHSM(Hardware Security Module)で保管します。HSMは簡単にいうと、秘密鍵を守る金庫の役目をするハードウェアです。

※参考ですが、詳細にはこちら の記事が参考になります。

またM of N のマルチシグ(N人のうちM人が署名したら実行する手法)や、複数のグループから過半数の署名を必要とするマルチシグをネイティブでサポートしています。

Swisswquote

27

こちらは既存の銀行ですが、暗号通貨の取扱を始め、今後預かりサービスを始めていく予定のようです。

xapo 

08

公開されている数字だけで判断すると、預かり額が一番大きい企業です。2つのxapoのクライアントいわく、$10 billion ものBitcoinを保持していると言われています。

また5大陸に地下金庫のネットワークを持つと言われており、以下がその一部の写真です。 

 

40

 

53

サービスの特徴としては、以下のように権限や金額しきい値を簡易に設定できるようになっています。資産を預けておく個人というよりは、暗号通貨で大きな金額を持つような事業者が使いやすいように設計されています。

 

51

Vo1t

25

英国政府のサイバーセキュリティセンター(CESG)の条件を満たす暗号化とのことです。他に詳細な記載はありません。

BitGo

34

事業者向けウォレット大手のBitGoですが、預かりサービスも始めています。通貨に記載はありませんが、扱う種類としては現状最大手と言えます。以下の3つのサービスを提供予定です。

  • Institutional Custody

     

    機関投資家向けのサービスで、BitGOのセキュリティ専門家たちがウォレット・秘密鍵などをセキュアな環境で管理します。

  • Self-Managed Custody

    通貨を利用したい投資家向けのサービスで、オフライン金庫システムを提供します。ユーザは鍵を保持・利用ができると同時に、BitGoのセキュリティと保管サービスを利用できる。BitGoのマルチシグ(Hot/Cold)ウォレットで、BitGoのAPIにアクセスができ、統合や開発がしやすいのが特徴です。

  • Qualified Custody

    準備中のサービスで気になる方はこちらにメールが必要とのことです。 sales@bitgo.com.

 

続きはTokenLab内のリソースを参照としているため、TokenLabを購読いただき全文お読みいただけます。