The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

Qchainアップデート ICOに関してなど

Qchainのアップデートになります。

f:id:CoffeeTimes:20170726223726p:plain

ICOのスケジュール

7月に予定していましたが、Zerionに委託していたコード監査が長引き、最新の予定は8月の中旬から後半になってます。詳しい日程が決まってきたら、またお伝えします。

 

ICOのマルチシグアカウントについて

今回のクラウドセールでは、 5 of 6 のマルチシグを採用します。これは、6つの秘密鍵のうち5つが署名されないと、取引を実行しないというものです。

つまり6つのうち2つを第三者機関に預けることで、信頼性が担保され、持ち逃げ等を抑制できます。たとえばですが、Qchainチームのうち4人が送金したい!といっても残りの2人(Qchainではない外部機関)が「無理!」といえば、送金は行うことができないからです。

Qchainでは、Ethreum / NEMチェーン上でクラウドセールをするため、Ethreumアカウントウォレットのマルチシグ2つは、コード監査を行ったZerion社に委託し、NEMアカウントウォレットのマルチシグは、NEMコミュニティのKailin氏とJeff氏に委託します。 Kailin氏は、QchainのNEMクラウドセールのハンドリングをしており、Jeff氏はNEM財団のVPです。

 

ちなみに、今朝、米SEC(証券取引委員会)が、基準を満たしたトークンは金融商品にあたり、扱いはいわゆる連邦証券法に則るという判断が出されました。

配当も投票券を有さないQchainトークンは、注視はするが今のところ特に変わりはないというのがチームの共通見解です。あくまでプロダクトで使う機能的トークンという位置づけです。(もちろん何度も言ってますが、中立性をもって関わるので、怪しいところは叩きます)

 

(ちなみにICOの投資家の教育・保護のため、こんな資料もまとめられています。情報が歪んで伝わる可能性が高いので、原文を読むべし。Investor Bulletin: Initial Coin Offerings | Investor.gov

 

チーム情報

今アルファ版にむけ開発をしているところです。フロントdevのRoy氏というのがいるんですが、マレーシアでNEM財団のLon氏と話したそうです。近々その内容をまとめた記事が出せそうです。

また創業者のWallyの情報もMediumにアップされました。

medium.com

 

すごい簡潔に紹介すると、ネット広告スタートアップで働いたのちに、アメリカ国立衛生研究所でコンピュータ・神経系の研究をし、カリフォルニア大学で、環境系の研究をしているエコな人です。

 

Google AdwordsAdsenseを使ったことがない人はそもそもプロダクトが良くわからない可能性が高いので、アルファ版なりDemoで早く広まることを望んでいます。

 

Telegram の Qchain Japanもあります。

https://t.me/qchain_jp

 

Qchainが、ブロックチェーン上のアンケートアプリを組み込む

ここ1ヶ月で、Qchainはチームを拡張してきてます。人材が増えるにつれて、当初のアイデアを超え、ブレーンストーミングや開発できるようになり、そしてそれらを実現できるようになってきています。

この記事は増えて活性化してきた議論や記事を編集・補足をしたものです。

さらに今回は、わりと新しい話です。エンタープライズ向けの有料調査サービス(アンケートアプリ)を開発し、Qchainのプラットフォームに組み込むことにしました。

この主な目的は、学生や専業主婦など少額の収入を求める人たちに、スムーズかつ確実に報酬を得る方法を提供することです。やり方としては、調査用のアンケートを記入するというものです。

イメージはこんな感じなようです。

 

f:id:CoffeeTimes:20170709224739p:plain

 

マーケティング担当者、アンケート調査者、学者、A / Bテスト担当者、および予測や意思決定をするために多数の情報を必要とするすべての人が、自分自身で調査アンケートを作ることができます。

このアイデアは、今は存在していないブロックチェーンベースのアンケートをやったら何かうまくいくんじゃないか?というような気まぐれではないと強調しておきます。 AmazonGoogleSalesForceが一般ユーザや企業にとって不可欠なサービスやツールを開発してきましたが、私たちもこれらの会社のようになりたいと思いチーム内で話し合ううちに、このアイデアが生まれました。

つまり、デジタルマーケティング者と、デジタル広告主のための包括的なエコシステムを作り上げ、不可欠なサービスを提供するためです。

 

 

アンケートWebアプリ

では、調査Webアプリケーションはどのような構成なのか、という話に入っていきます。

ユーザーは、ログインページで、広告アプリケーションまたはアンケートアプリケーションにするかを選択できます。どちらもそれぞれにアカウントが必要になります。

アカウントを作成した後、ユーザーは、基本的なユーザ情報を記入します。理由は、アンケートのクラス分けでフィルタリングのためで、適切なアンケート対象者に、適切なアンケート・質問をできるようにするためです。(例えば、大学生向けのアンケートが、専業主婦のユーザのところに表示されないようにするためです)。

Qchainは、このユーザデータを販売したり、法的および目的外の使用はしません。他の記事や情報でも我々は話しているんですが、ユーザーのプライバシーを維持することは、最重要事項であり、常に気にかけていることの1つです。もしユーザが登録しているときに、記入したくない任意項目があれば、記入しないことを選択することができ、その情報を必要とするアンケートの対象にならないだけです。

 

ログインイメージ。これ以外の画像はまだないとのこと。笑

f:id:CoffeeTimes:20170709224850p:plain

 

エンタープライズアンケートのほうにログインすると、ユーザーは右側のメニューで「参加者」セクションと「調査者(Researcher)」セクションを選べます。ユーザーが「調査者(Researcher)」ボタンをクリックすると、調査用アンケートを作成するためのインターフェイスに誘導されます。調査アンケートを提出する人は、アンケートを書いてくれる人のために参加資金として払うQchainトークンの種類を選び(ETHベースの場合はEQCトークン、XEMベースの場合はXQCトークン)、そのトークンを払うためのウォレットのアドレス(NEMまたはEthereumウォレットのアドレス)、および参加者一人当たりトークン料(つまり料金)を決めて、次に進みます。そのあと、調査アンケートのトピックのカテゴリを選ぶページに移り、決めたら送信します。

 

一方、ユーザーが「参加者」ボタンをクリックすると、『その時点にアンケートに参加可能かつ、ユーザが入力した基本情報に合わせて対象となってすべてのアクティブな研究・調査アンケート』のリストが表示されたインターフェイスに誘導されます。ユーザーが参加できないアンケートは、対象とならない理由を示すために、そのアンケートの対象が記載されます。(若手社会人向けのアンケート、など)

 

調査者(Researcher)のメリット

調査者は、Qchainのこの調査サービスを使えば、場所に囚われず、世界中の被験者・対象者にリーチすることができ情報を集めることができます。被験者情報(アンケートに答える人たちの情報)は、制度審査委員会(IRB)規則、倫理指針、対象無作為化要件、偏見軽減などのために検閲されます。また、調査者のための「統計ツール」をいくつか作っていて、それを使って、データ分析と処理を簡素化をできるようになります。

(※研究倫理審査委員会(IRB)・・・臨床研究に当事者以外の第三者によって、研究・調査の是非を審議する会のこと。 IRBの存在理由は、被験者の権利と安全を守ることです。)

調査者は、「広告主がQchainの広告アプリを使ったとき」と同様のメリットを得られます。つまり、中央政権にコントロールされず調査に使う資金の管理を維持することができます。さらに、承認プロセスに時間をかける必要もなく、登録後ただちにアンケート・調査を提出することができます。

 

アンケート参加者のメリット

参加者は、調査アンケート完了の確認がされた後すぐに、報酬としてトークン(EQCまたはXQC)を手に入れることができます。これは、現状のほぼすべての調査アンケートサイトとは、大きく異なっています。現状のアンケートサイトは、報酬があったとしても少額では受け取れなく、ある程度大きな金額まで報酬額が蓄積されないと引き出しができません。(多くのアフィリエイトGoogle Adsenseも同様ですね。8000円以上たまったら引き出せる、などになっています。)

さらに悪いことに、現行サービスは多くの場合、なるべく引き出しをさせないような制約事項が多くあり、ユーザは大量の時間を浪費しています。

また、悪意のある調査サイトとは異なり、Qchainはユーザーデータと電子メールアドレスをスパマーに販売したり、ユーザーが調査に入力したデータを保存したりすることはないので、参加者は安心して回答することができます。 Qchainは、法的な遵守とアンケートの対象を絞る目的のためだけに登録情報を保持します。

 

ユースケース

エンタープライズ(企業)が使うであろう有料調査機能のイメージを理解するために、考えうる2つの具体例をご紹介いたします。Qchainチームはアメリカ発なので、登場人物はアメリカぽいケースですが、ご容赦を(笑)

 

1.Qchainを使って政治学者が被験者の回答を得る:

大学の教授であるジャネット・ウェーバー博士は、政治的考え方と投票習慣に関する調査について、すぐ質問に答えてくれる被験者を探しています。ウェーバー博士は、調査アンケートに回答してくれた参加者に5 XQCトークン提供することに決めました。ウェーバー博士は、18歳から30歳の人の中で要件を満たしている男性参加者を対象に調査を開始することにしました。数日後、ウェーバー博士は、アンケート用のNEMの残高が使い切られたという通知を受け取ります。彼女は希望の調査アンケート数に達したので、追加の資金をウォレットに移すことはせず、調査を終了し、Qchain Webアプリから結果をCSVファイル(カンマ区切りの値ファイル)としてダウンロードして、自身で分析をします。

 

2.マーケティングリサーチ会社がA / Bテストを実施:

市場調査会社のAqualad Analyticsは、ある映画の配信会社に頼まれ、「次のスーパーヒーロー映画はどのようなキャッチフレーズをつければ世界中の人に印象を与えることができるか」を調べて一緒に決めることになりました。 Aqualad Analyticsは、QchainのA / Bテストの簡単なアンケートをつくり、対象を絞らずアンケートはすべてに公開し、調査アンケート完了者には引き換えにトークン(今回はEQC)を提供することにしました。各アンケートの質問は、「キャッチコピーだけが異なる2つの映画ポスターの中から好みのものを選択してください」というものです。

調査アンケート用に使うウォレットの残高が0になった後Aqualad Analyticsは、Qchainのツールを使用して、調査結果をダウンロードし、フィルタをかけ、性別や年齢、国籍やその他のカテゴリにソートします。そしてAqualad Analyticsは、その結果を依頼もとであった配信会社へプレゼンすることができます。

 

上記の説明とユースケースで、調査者・研究者や調査アンケート参加者にとって使いやすくて実用性のあるものっぽい、と思ってくれると良いのですが。

今後さらにデジタルエンタープライズ経済を成長させるため努めていきますので、何か質問やフィードバック等は歓迎です。また実はQchain Japanのテレグラムのチャンネルができました。笑

記事やよくある質問をピンして上におく予定です。また質問をいただければ答えたり、私からコアチーム聞くこともできます。興味ある方はどうぞ!

https://t.me/qchain_jp

 

The Coffee Times, and The Qchain Team.

 

Qchainとは -NEMとEthreum上の広告ブロックチェーンプロジェクト-

ネット広告とブロックチェーンの相性が良いという人は多く、確かに勘定の概念が現代のネット広告には適応できるため、注目を集めてきました。中でもQchainはNEMチェーン上のプロジェクトということで私も興味深々で、チームの人に話を聞いていたら、色々と手伝うことになり、JapanおよびAPACのcommunityマネジャとして手伝うことになりました。スキャムは許さないので、そこはスパイ精神も持ち、ときに中立的に関わっていきます。

さて、そうなってから初めてのポストになりますが、Qchainの導入ブログと、コアチーム内のTelegramの議論、そして私の考えを混ぜて記事を書いていきますので、ご覧になってください。

 

ブームは変化をもたらす

これを読んでいる人は、技術的な大きな転換期、つまりある種のブームを体験していると思います。Qchainブログにもこれは取り上げられています。

今まで人類の歴史において、富へ対する熱狂・何かのブームというのは、文明に急激な変化をもたらしました。

例えばコンキスタドール(スペインのアメリカ大陸征服者のこと)がゴールドラッシュとして金を探検し始め、植民地支配をすることでアメリカ搾取が始まりました。 1849年カリフォルニアゴールドラッシュは、急速な発展と工業化をもたらし、サンフランシスコは国際的に注目を浴びるようになりました。 1900年代のテキサス州の石油ブームは、アメリカの石油習慣のを築き、それが地球規模の気候に悪影響を与えるきっかけを作ってしまいました。 90年代のテクノロジーブームは、eToyPets.comという今では聞かない会社のみならず、現在世界中でビジネスを展開しているAmazonEbayのような会社を出現させました。

そして今日私たちは、違う変革、人々の熱狂の中にいます。それが暗号通貨です。

今から数十年後には、「2010年代は、クリプトブームで、めちゃくちゃDApp(分散型アプリ)があったな〜」なんて、話すんだろうと思います。

 

今、多くのDAppsは一時的な盛り上がりで終わってしまうことがありますが(暗号通貨ブームに乗っかりお金を稼ごうとしているだけの場合もあります)、Qchainは、真剣にプロダクトを作り、「公正さ・利便性・プライバシー」から得られるメリットを提供したいと考えています。そしてこの暗号通貨のブームに乗っかっているからではなく、本当に有用な製品として注目を集めたいと思っています。

 

Qchainとは何か?

では前置きがかなり長くなりましたが、Qchainとは何かという話に入ります。

Qchainは、EthereumとNEMのブロックチェーン上に構築されたアプリケーションで、広告主とコンテンツ発行者の間の取引を促進します。そしてここに中央政権制の仲介者ではなく、ネットワーク間の「ホスト」によって調停されます。これは、3者制のシステムであり、すべての当事者に経済的利益とインセンティブを提供することができます。 (これについては、ホワイトペーパーで詳しく説明しています。)

 

 

多くの人々が、「BATやadChainなどの競合他社とは何が違うのか?」「広告系暗号通貨プロジェクトは3つも要らないのではないか?」と疑問に思うと思います。

しかし3つのプロジェクトのすべてが異なるバックエンドおよび収益化構造を提案しています。結果として、異なるユーザーの要求を満たすために、ネット広告のビジネス領域に共存できると考えています。

たとえば、BATはブラウザの開発を主のビジネスの手段として、ユーザーとって不要な広告を排除し最適な広告の注目を集めることを目指し、adChainはウェブサイトのレジストリの概念を利用してデジタル不正を防止しています。

一方、Qchainの構造は、Google AdSense Networkに似ています。3者(広告主、出版社、ホスト)相互作用トランザクション検証システムの実装です。 (近いうちに、ブログ記事でさらに説明します。)ちなみにGoogle AdsenseGoogle Adwordsは、広告を自分のブログやサイトに載せたい人と、広告を誰かのブログやサイトに載せたい人が、やりとりするサービスで(自動で)、Googleの9割の利益を生み出しています。

 

なぜ2つのブロックチェーンで開発するのか

Qchainは、EthereumとNEMが、現在開発する企業にとって最も有望なブロックチェーン技術の2つであると確信しています。そして両方とも、技術的ビジョンと堅牢な開発者コミュニティを持っています。NEMはトランザクションを促進するためにProof-of-importance(POI)アルゴリズムとEigentrust ++ reputation システムを提供しており、Ethereumは、分散型スマートコントラクトを開発するのが他のプラットフォームと比べると容易です。ユーザーの選択肢と柔軟性を提供することは、ニーズに最も適したブロックチェーンを選ぶことができるため、ユーザーに利益をもたらすことができると考えています。

2つのブロックチェーンに取り組むことは、お金集めのために選んだ方法ではないことをお伝えしておきます。どちらかのチェーンの不具合の際でも対応できる、高い応答性を持った製品を創るために、デュアルチェーンで開発することは、当初から計画に組み込まれました。

さらに、両方のブロックチェーン上での開発に優劣はつけず、均等に重点を置いています。1人の開発者が両者チェーン上で開発するのではなく、各ブロックチェーンにそれぞれ開発チームを構築し開発しています

クラウドセールに後、チームをさらに組織化し、各々のチェーンのチームをさらに拡大する予定です。

 

・フロントエンドをちら見

数ヶ月の開発期間を経て、厳密に従う予定のロードマップをもとに、私たちは現在、公開プレビューのためのアルファ版を提供するために全速力で取り組んでいます。フロントエンドを少しお見せします。

フロントエンドは、(1)広告主セクション、(2)サイト運営者セクション、(3)ホストセクション、(4)マーケットプレイスの4つの主要セクションで構成されます。ユーザーは、広告主とサイト運営者の両方として使うことができます。ユーザーは、ドロップダウンメニューからセクションを選択することができます。ユーザーはまた、簡単なボタンクリックでNEMとEthereumセクションを切り替えることができます。

f:id:CoffeeTimes:20170707003438p:plain

上記は、アルファ版のスクリーンショットです。ユーザーは、広告収益と収益パフォーマンスを示す分析を見ることができます。掲載した広告の合計クリック数、総収入、および残高の統計のまとめも利用できます。さらに、ユーザーは、現在有効にしている広告の契約および広告スペースをリストとして見ることができます。インターフェイスは情報が多く、それでいてキレイで読みやすいようにしています。

 

今後のチームについて

私たちにとって、Qchainを使いやすくすることが重要です。技術好きな人だけでなく、一般的な消費者のことを考えながら製品を開発しています。私たちの目標は、単に人々が操作したり動かすことができるトークンを作成するのではなく、デジタル広告業界をより良く・進化させるような、持続可能な製品を作り出すことです。

何かフィードバックなどあれば、教えてください。そして近々出るアルファ版も見てください。

ICOについては、7月の下旬以降を予定していて、1つのアドレスが2%以上トークンを保持できないようにする予定です。

今後も、徐々に書いていきます。

 

 

 

ビットコイン取引所Coincheckの広告貼ってたらボロボロ3万円くらい入ってきてた

f:id:CoffeeTimes:20170506200013p:plain

3万円くらい入ってた

タイトルの通りです。ブログにcoincheckアフィリエイト載せてたら、ここ最近のビットコイン人気に載って、3万2000円分一気に入ってきました笑

ビッグカメラビットコインが支払い可能になったり、イケダハヤトさんが買って煽りだしたり、ガリガリガリクソンが騒いだりと、ますます普及してきたおかげです。

 

 

 

ちなみにcoincheckの広告費

こんな感じで結構良いレートと思うので、試してみてはいかがでしょうか。

 

f:id:CoffeeTimes:20170506200316p:plain

 

Token-as-a-Service:TaaSは暗号通貨の投資ファンド

2017年4月、TaaS(トークン・アズ・ア・サービス)というEthreumトークンがクラウドセールにて配布されました。簡単に概要を書きます。

 

イメージはVentureCapitalのような投資ファンドでしょうか。TaaSの運営元が投資ファンドとして、ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクトやサービスに投資をします。そのリターンを毎四半期ごとに、TaaSトークンの所持者に還元するというものです。

 

例えばTaaSプロジェクトが、ビットコインやいろいろなプロジェクトに投資をし、1億円利益がでたとしましょう。その50%の5000万円をトークンホルダーが山分けします。自分の保持しているTaaSトークンの数が、1,010,000 TaaSであれば、TaaSの全発行(101,000,000TaaS)の1%を自分が持っていることになるので、5000万円の1%の50万円相当のEthreumが、TaaS保有アドレスに送信されます。

f:id:CoffeeTimes:20170504193903p:plain

 

ファンドとして、毎月・どのプロジェクトに・いくら投資しているのか・パフォーマンスがどうだったか、というポートフォリオの情報は、Crypto Graphic Auditというソフトで確認ができ、ブロックチェーンの特性上、透明で改ざんできないデータのため、100%正しい情報を見ることができます。

このソフトは今月5月から開始されるようです。

f:id:CoffeeTimes:20170504194613p:plain

 

f:id:CoffeeTimes:20170504194806p:plain

 

また先程、利益の50%はホルダーに還元とありましたが、残り25%はファンドの再投資資金として使われ、ファンドが大きくなっていきます。残り25%は運営費等に当てられる予定です。

 

f:id:CoffeeTimes:20170504195118p:plain

 

現在TaaSは、LiquiLivecoin の取引所で手に入れることができます。

 

仮想通貨プロジェクトは順調に成長しています。今年は、株式市場のIPO(新規上場)より、仮想通貨プロジェクトのICO(イニシャルコインオファリング=IPO相当の意)のほうが2倍以上資金を集めています。

うまく機能すればこのようなファンドで遊ぶのも楽しいかもしれません。

Belacoinとは?そしてBelacamの将来性について

久しぶりの更新です。ここ最近はGMATというテストで撃沈し5月末のリベンジのため、かなりの時間を割いて勉強しています。仕事もそれなりに忙しく、ブログを更新していませんでしたが、GWに入ったため、BelacoinとBelacamというサービスについて手短に書こうと思います。

 

Belacoinとは

暗号通貨の一種です。相変わらず米国好きで、米国のスタートアップ事情に目がない私ですが、かつ仮想通貨・ブロックチェーン関連となると更に好奇心が増します。それで興味を持ち始めたのが、このBelacoinというプロジェクトです。

米国で会社登記がもっとも多いデラウェア州に本拠地を構えるAmbiafundが運営・開発しています。技術が独創的というよりは、仮想通貨やブロックチェーンのユースケース(利用シーン)を多く作っていこうという考えの元、事業をしています。

 

Belacamについて

f:id:CoffeeTimes:20170428205838p:plain

Belacoinを使ったサービスがBelecamです。一言で言えば、報酬のあるインスタグラムです。つまりユーザは写真を投稿して「いいね!」がつくとBelacoinを獲得できるSNSです。Belacoinはpoloniexなどの世界最大取引所でBitcoinに交換することができますから、実質、法的通貨を得られることになります。

以下のようにYahoo!Finaceで「Instagramよ、ライバルがきたぞ」という説明がされています。

Watch Out Instagram, This Competitor Lets You Get Paid for Posting

 

現在はBeta版テストとしてしっかり稼働はしているものの、デザインもお世辞にも綺麗とは言えません。しかし5月末にはデザインが以下のように刷新される予定です。

 (左が新しいデザイン。右が現在。)

 

また細かい話(界隈の人は好きな話)ですが、5月のデザイン刷新と並行して幾つかのアップデートを予定しており、プログラムソースのコア部をLitecoinベースに書き換えるとのことです。したがってSegwitを導入し、ユーザが増えてもBelacoinを遅延やストレスなく獲得・送金することができるようになります。

また運営元のAmbiafundが、元Facebookのエンジニアを手伝いで雇えたそうで、バグ取り含めて開発はかなり早く進んでいます。人員が確保しやすいのはアメリカのスタートアップの強みだと言えますね。

 

今後

Instagramのユーザ数はつい最近700百万ユーザを超え話題になりましたが、多くのヒットSNSは同じような緩やかな増加のあと線形に伸びていきます。(Facebookも同様でした。)

f:id:CoffeeTimes:20170428211243p:plain

写真はStatistaより引用

 

Belacamも似たようなユーザ曲線を辿るとすれば、個人の活動や趣味で経済的安定を得れる時代が実現したと言えます。

それは一例に過ぎませんが、Occupy of Wall Streetから明るみに出た貧富の差への対応策として、仮想通貨のアプリやサービスは、ベーシック・インカムと並ぶ解決策になり得るといえます。

ギャンブルプラットフォーム Vdice 稼働中です。

f:id:CoffeeTimes:20170131213559p:plain

ブロックチェーンとスマートコントラクトによって、胴元のいないギャンブルプラットフォームを実現しているVdiceであるが最近ユーザも増えアクティブさが増している。

 

このVdiceは、ギャンブル利益を、ギャンブルの勝者とトークンホルダーに還元するというものである。例で説明しよう。ICOの結果、33,390,496VLSトークンが生成され、配布された。ICOもしくは取引所で、あなたが100,000VSL持っているとしよう。つまり持ち分は全体の0.299%である。
そしてVdiceのユーザたちがギャンブルゲームを行った結果、ロックピリオド(Lock Period)と呼ばれる期間中が始まったときに、1000ETHが利益箱(ProfitContainer)に貯まったとしよう。これらの利益箱のトークンは、VSLトークン保持者で山分けということになるため、あなたは0.299% x 1,000 ETH = 2.99 ETHをこのロックピリオド中に、引き出すことができる。
こちらのリンクにアクセスすると、利益箱(ProfitContainer)が次いつロックピリオドに入るのかが表示される。ステータスがロックのときのETHの受取方法はこちらにまとまっている。

 

 

 


VSLの入手方法

ICOに参加していない人は、現在以下の取引所でVSLトークンを入手可能だ。
Etherdelta
Liqui
Livecoin
2017年の春には、BittrexやPoloniexを含む新たな取引所に上場する計画をしている。現在ICO価格とほぼ変わらない価格で入手できる。

今後

すでにサードパーティに環境をオープンにしており、多種多様なギャンブルアプリの開発に力をいれている。単なるギャンブルアプリをスマートコントラクトで実装することを目指すのではなく、技術を磨いてニッチな賭け事に積極的に展開していく予定である。