読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

Token-as-a-Service:TaaSは暗号通貨の投資ファンド

2017年4月、TaaS(トークン・アズ・ア・サービス)というEthreumトークンがクラウドセールにて配布されました。簡単に概要を書きます。

 

イメージはVentureCapitalのような投資ファンドでしょうか。TaaSの運営元が投資ファンドとして、ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクトやサービスに投資をします。そのリターンを毎四半期ごとに、TaaSトークンの所持者に還元するというものです。

 

例えばTaaSプロジェクトが、ビットコインやいろいろなプロジェクトに投資をし、1億円利益がでたとしましょう。その50%の5000万円をトークンホルダーが山分けします。自分の保持しているTaaSトークンの数が、1,010,000 TaaSであれば、TaaSの全発行(101,000,000TaaS)の1%を自分が持っていることになるので、5000万円の1%の50万円相当のEthreumが、TaaS保有アドレスに送信されます。

f:id:CoffeeTimes:20170504193903p:plain

 

ファンドとして、毎月・どのプロジェクトに・いくら投資しているのか・パフォーマンスがどうだったか、というポートフォリオの情報は、Crypto Graphic Auditというソフトで確認ができ、ブロックチェーンの特性上、透明で改ざんできないデータのため、100%正しい情報を見ることができます。

このソフトは今月5月から開始されるようです。

f:id:CoffeeTimes:20170504194613p:plain

 

f:id:CoffeeTimes:20170504194806p:plain

 

また先程、利益の50%はホルダーに還元とありましたが、残り25%はファンドの再投資資金として使われ、ファンドが大きくなっていきます。残り25%は運営費等に当てられる予定です。

 

f:id:CoffeeTimes:20170504195118p:plain

 

現在TaaSは、LiquiLivecoin の取引所で手に入れることができます。

 

仮想通貨プロジェクトは順調に成長しています。今年は、株式市場のIPO(新規上場)より、仮想通貨プロジェクトのICO(イニシャルコインオファリング=IPO相当の意)のほうが2倍以上資金を集めています。

うまく機能すればこのようなファンドで遊ぶのも楽しいかもしれません。

広告を非表示にする