The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

チップは誰に・いくら・払えばいいのか?

2017年がスタートしました。HISなどでは初夢フェアが始まり、春休みや夏にむけて海外旅行の計画を立てる人も多いと思います。

今回はチップについて、復習です。(初めての方もどうぞ)基本的に2割り程度で覚えておけばOKですが、渡す人、シチュエーションによって微妙に変わってきます。

下にまとめました。

f:id:CoffeeTimes:20170109170829p:plain

渡さないと?

基本チップで生計を立てる、ないしはチップを含めて生活費を工面しているため、渡さないことは最悪です。人によっては受け取るまでずっと待っていると思います。

右の列にチップが給料に占める割合を載せていますが、チップが給料の半分というのもざらにあります。

 

 

 

シチュエーションによって金額を変えよう

チップは基本心付けですから、サービスの質によって多少変化をもたせるのが一般的となっています。

例えば、食べ物のデリバリーを天気が悪い日であれば、少し多めにチップ渡す。

バーテンダーに時間がかかるドリンクを頼んだときは多めに渡す。などです。

またクーポン等で割引になったときは、割引前の金額でチップの計算をするのが一般的となっています。

 

それでは、簡単ですが、ご一読ありがとうございます。

Coolに気持ちよく旅をしましょう。 

 

広告を非表示にする