The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

日本人同士でも英語を使うと上達するのか?

f:id:CoffeeTimes:20161126221848p:plain

私のブログは英語関連の記事アクセスが非常高いため、より深く書いて行こうと思っています。

私は、英語をアウトプットすることで、TOEICスコア915をはじめ、海外でも仕事ができる英語力を「日本にいながら」身につけることができました。そして英語学習のオンラインコミュニティを開設しています。Facebookグループを使い、すべて英語で会話が行われています。

英会話・英語学習の新しいカタチ!オンライン英語サロン - The Coffee Times

 

アメリカ人、イギリス人、イタリア生まれドイツ育ちのウクライナ人に入ってもらってますが、日本人同士で英語の会話になることもあります。その際、英語の学習効果はあるか?と疑問いだく人に対して、その答えを考えたいと思います。

 

結論から言うと、日本人の8割には「効果は絶大」、1割には「効果あり」、1割には「効果はかなり少ない」です。

どういうことかというと、8割は、基本、英語を話したり書いたりしたことがない、もしくは英語を使おうとしたことがない、層です。そうすれば当然英語を学習する脳の下地ができていません。この表現どう言えばいいのだろう、この単語はどう書くのだろう、という瞬間を重ねるたびに脳は、微小な細胞の変化と0.1秒に数億回と言われる電気信号の電光石火を繰り返し、英語ができるようになっていきます。

その次の1割に関しては、ある程度英語ができるTOEICスコア700〜860までの層です。こちらに関しても、話せるようになる、あるいは流暢に英語を使えるようになるためには、日本人同士でも英語のアウトプットの意味があります。出会わない単語や調べてない言い回しはいつまでたっても自分の脳内プールには蓄えられませんので、アウトプットを試みて、失敗して、試みる、を繰り返して成長していきます。

もちろんネイティブスピーカーに見てもらうことも結構ですが、それ以前にまだ自分でできることがかなりあるということに、多くの人は気づいていません。

私の使命、そしてこのコミュニティのミッションは、その事実に多くの人に気づいてもらい、気軽に英語を話して楽しんでもらうこと、そのコンテンツを提供することです。それが他に類をみないコミュニティである信じています。

 

最後に残りの1割の層は完全に英語が使えるもしくはネイティブと学習をしなければ表現や語彙の伸びが見込めない層です。これらの人にとっても、「教える」という行為が入れば実は自分の理解力や表現力を高めることになるのですが、効果は割と少ないといえます。

 

いずれにしても英語を話せるということは本当に素晴らしいことです。その割には、運動と一緒で、継続をすれば必ずできるようになる分野でもあります。

 

広告を非表示にする