読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

いいか諸君。これから必要なのは、ユーモアさである。

f:id:CoffeeTimes:20160919092553p:plain

Screengrab via YouTube

 

稼ぐために必要になってくるのは、ユーモアさであり、遊びココロであり、ちょっとしたクレイジーさである。

インターネットおよびSNSに端を発する個人の意見の発信により、新しい働き方をする人が増え、自分でお金を稼げる人が増えてくるだろう。

一例を見てみよう。今日ある対談記事で、このMB(メンズバイヤー)さんのことを読んだ。

www.neqwsnet-japan.info

もともとショップ定員だった人が、その服のススメ方選び方をノウハウ化しブログにしたところ、受けが良かった。

ひょっとして、と思った彼がメルマガを初めたところ、応募者が殺到。また有料課金のお金を強めに設定することで、「お金を払っているんだから読まなきゃ」という意識を駆り立て、メルマガの解約率を下げどめたという。さらにオンラインサロンを運営しており、すでに数百人の会員がいるという。

 

 

 

まとめると、好きなことを深掘りし、ノウハウ化して伝えるということだ。やっていることはシンプルである。行動するかしないかの部分も大きい。

私も、好きなことの深掘りとノウハウ化をどんどんやっていこうと思った次第だ。そう人に思わせる時点で、いわばお金を稼ぐだけのカリスマ性が養われている。実際に行動すること、「これおもしろいんじゃないか?」と遊びココロで始めてみることが大切だ。

 

少し話は、世間のほうに目を向けるが、基本的に時代は我ら個人に追い風である。会社をおこす際に必要な経費は、10年前とくらべて10分の1になっているという。主にはHPに関わるサーバー費用やコミュニケーションに関わる通信費やそのアプリの費用などが安価になっているためだ。

さらに、ビットコインを始めとする暗号通貨の登場により、”価値のインターネット”という概念が生まれた。つまり価値を情報として移動できることにより、文章やノウハウという情報の代わりに、価値(お金など)の対価を報酬として得られるようになっている。

こちらは、私の例を1つ紹介したいところであるが、またの機会に別の内容に盛り込もうと思う。

 

広告を非表示にする