The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

Uber本社のあるサンフランシスコでUberを使ってみた

f:id:CoffeeTimes:20160201154355p:plain

http://www.uberrideguide.com/how-to-use-uber/

 

実はUberを使うのは初めてでしたが、結論からを言うと、

圧倒的な使いやすさと安さに感動です。

 

日本では既存タクシー業界を守るという意味で規制が強くかかっておりタクシー数は少ないですが、サンフランシスコではUberのタクシーの数が多く、どこでもつかまります。(ちなみに法律とはいうのはビジネスをする上で考慮すべき大切なファクターだと痛感しています。なぜなら規制が強くなくUberが流行っているアメリカでは、既存のタクシー会社がつい最近潰れました。Yellow Cabというめちゃくちゃ大きい会社でした。法律一つで大きな会社を潰したり、既得権益が残り続けたりするわけです。)

 

アプリを立ち上げて目的地を入れると、そこまでの金額を算出してくれ、ドライバーが決まるとすぐに自分の元へ来てくれます。またこの地図も非常に正確で今車がどこにいてあとどのくらいで自分の元へ到着するのかがすぐにわかります。

ちなみに目的地を日本語で入力してもOKなので助かります。

f:id:CoffeeTimes:20160201153334p:plain

 

徐々にタクシーが近づいてきて、「間もなく到着します」と案内もしてくれます。

 

f:id:CoffeeTimes:20160201153636p:plain

 

タクシーのあんちゃんと話しながら目的地へ移動。初めてのサンフランシスコだとか、Uberやイスラエルスタートアップの話、ここ1年の原油安の話で盛り上がったので、旅の思い出にと、写真をぱしゃり。いい運転でした。

f:id:CoffeeTimes:20160201154004j:plain

 

そしてたったの5ドル。日本だと1500円くらいはする距離。

支払いはアプリに登録済のクレジットカードで自動決済なので、その場でキャッシュは必要なし。Wow

スーパーボウルのイベントでプロモーションコードを配っていたので、15ドルまで無料でした。ラッキー。

f:id:CoffeeTimes:20160201153723p:plain

 

利用者は利用後に運転してくれたタクシードライバーを評価することができ、それが安全弁として作用します。

またUberPoolという相乗りのサービスもあり、近くにいる人とシェアすることで更に安くできるのです。Wow

私のプロモコードを貼り付けるので、たくさんのWowな体験をしてみてください。

使ってくれると私も安くなるので、嬉しいです。

プロモーションコード:DB2RY54EUE

 

f:id:CoffeeTimes:20160201154239p:plain

 

 

 

広告を非表示にする