読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

お金を稼ぐ。

お金を稼ぐことについて考えた。

 

お金を稼ぐことは悪いことか?

「お金を稼ぐ」と書くと、多くの人は悪いことのように捉えてしまいがちだ。かくいう私もお金に対して怖いイメージしかなかった。しかしここ2年間もがいて考えて思うことは、お金は「信頼」を「見える化」したものに過ぎないということである。悪いものなんかではなく、それを持っている人の信頼を表しているのだ。

逆説的だが、何かで信頼がある人は、お金をすぐ稼げる。もしくはお金があるのと変わらない生活ができる。例えばプログラミング技術に「信頼」がある人は仕事を貰えるし、ホテル経営者との人間関係に「信頼」がある人は、ホテル経営者のホテルに泊めてもらうことだって可能だ。(知り合いがそうしていた。)

だから信頼を築いていくことが働くことなんだと思う。金融関係者が言う信頼よりも広義の意味での信頼のつもりで言っている。

 

お金を稼いでいる実感はあるか?

そしてその信頼を築いている実感は、普段からあるだろうか?会社のファウンダーや投資家は置いておいて、私のような会社員は、それを意識できていない人がほとんどである。いくら高給取りであっても「給与」ではそれを実感しにくい。

日本人は特に稼ぐ気持ちが少ないように思う。大企業優遇だけでは、人口減少と市場飽和によってイノベーションは起きにくい今後の展望を踏まえると、個人の「稼ぐ意欲」が日本に必要になってくるように思う。その意味では、YoutuberやPodcast配信者、Airbnb、メルカリ、BASEなどで副収入を得る人が出てきたことは、日本経済にとっては歓迎すべきことと思う。

 

 複数の収入源を得ること

自分も複数の収入を得てこのコンテンツ論を盛り上げていかないといけないと思う。ブログで発信するのもいいけれど、noteというサービスが始まったのでスタードダッシュではじめてみた。有料の記事を公開できるので、稼ぐコンテンツを世の中に、本当にいいものが世の中に出せるような土壌が整ってきたなと思う。

スタートアップ記事等、リサーチを重ねたものは有料にして、稼いでいる意識を自分にも植え付けようと思う。

 

 

広告を非表示にする