The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

Parityバグ、Web3の見解アップデート

Parityのバグの問題について資金が凍結されたWeb3 Foundationのアップデートを翻訳しています。

 

medium.com

 

11月8日、EthereumのカンファレンスDevcon3のあとに、Parityのマルチシグウォレットのライブラリに脆弱性が見つかり、悪意のなかった人がコントラクトコードを潰し、Web3 Foundationが主に使っていたウォレットが操作できなくなりました。資金は奪われていませんが、送金などの操作が一切できない状態です。

 

この結果、Web3 FoundationがICOで集めたうちの 306,276 ETHがオフラインのマルチシグウォレットに凍結されている状態です。

 

現状について

今時点で、Web3Foundationは $45Mのフィアットと、BTCがあります。一部は法律や会計などの必要資金にあてられますが、それでもPolkadotを開発していくのに十分な資金が残っています。

このレベルの資金であれば、元々の技術思想、開発予定で継続していけるのは間違いないといえます。

そして今時点で、遅らせたり、開発やデプロイを他の方法に変えるなどという必要もありません。

さらにこの資金はただ単にPolkadotを開発するだけでなく、コミュニティを形成し、ミートアップやカンファレンス・ハッカソンを行うのに十分な金額です。

 

多額の援助を得たため、トラブルが起きる前より少ないですが、Polkadot以外にもWeb33やクリプト経済に使うことも可能です。

これらはWeb3のミッションの重要な部分と考えますが、もちろんPolkadotのメインのプロダクトではなく、Web3に余裕が出るまでは二の次のことです。

もしブロックされた資金が使えるようになれば、本来の用途に使う予定です。

つまりPolkadotのコアプロトコルではないR&Dに対してのサポートです(

Whisper, Swarmや他のツールやプログラミング言語、学術研究など)。

ブロックされた資金がこれらのプロジェクトの支援に使われ、経済圏によって良い影響を与えられることを望んでいます。

 

ブロック解除への技術的解決策

Vitalikによって提出されたEIP156(Ethereum Improvement Proposal)は、このブロック解除の1つの解決策になりそうではありますが、Web3 Foundationの資金を開放するには少し不十分です。しかし、十分な解決策となるような努力が、EIP156と同様の趣旨の技術的提案の元、行われています。

資金がもどり、Ethereumのプロトコルの技術改善によっても良いwinwinな状況になることを望んでいます。

 

Parityのマルチシグウォレット利用の決定について

Web3は、Parityのマルチシグを軽い気持ちで扱うとは決めていません。MistやConsensys/Gnosisウォレットと比べた結果、以下の3点でParityを選んでいました。

1.サポート、2.セキュリティ、3.コールドウォレットの統合です。

 

1.サポートに関しては、Polkadotのクラウドセールで働いてる数名はベルリンに住んでいます。Parityも、色々なところに場所を構えていますが、ベルリンがベースです。

フェイスtoフェイスのテクニカルサポートは、単なるサポートだけでなく、設定オペレーション中に様々な対応が期待できる、利用することができました。

 

2.セキュリティについては、Parityは数ヶ月前にかなり大規模な問題を起こしています。

当時は、以下の状況から我々はセキュアだと判断しました。「arityすべてのコア開発者が直したコードをレビューし、さらにEthereumのセキュリティ組織にもレビューされ、そして何人かが問題について説明するためにコードを分解・解説した記事を書いていました。」

こんな状況から、深刻なバグはもう無いだろうと信じていましたが、それが間違いでした。

 

3.コールドウォレット統合については、署名をセキュアに使いたかったためです。Parityウォレットは、マルチシグのトランザクションにおいて、ネットワークから物理的に隔離された(エアギャップ)のコールドウォレットを提供するもので、当時調べたときにはParityのみがその特徴を有するウォレットでした。 

 

今後について

ParityはPolkadotの救済にコミットし続けます。

我々は、資金を解放するためのいろいろな選択肢を試していきます。コミュニティのサポートが必要になると理解しています。今後もフィードバックや質問を受け付けています。

法定通貨 vs 暗号通貨 (コスト面)

Bitcoinは最近、最高値(いわゆるAll Time High=ATH)を更新し続け、Ethereumも既存ビジネスの仕組みをDisruptしようと日々存在感を増し続けています。

 

暗号通貨は、Iot時代には欠かせないし、個人のクリエイティブにお金をもたらすものと思っています。そこでコストについて考察しているブログ記事の意訳をしました。

クリプトのコストを見るために、まず既存のお金のシステムとそのコストについて知る必要があります。これからトランザクションのコストと、インフレーションのコストの2つの観点から、既存のお金と暗号通貨(フィアットとクリプト)を比べていきましょう。

 

トランザクションコスト

2015年においてキャッシュの使用は、2.35兆USドル(日本円にして235兆円)なのに対し、小切手や、クレジット/デビットカードACH transferは、178兆ドル(日本円にして1.78京円)でした。それらをまとめたのが以下の図です。(画像:Federal reserve

f:id:CoffeeTimes:20171111203950p:plain

 

トランザクションの数はクレジットカードなどのノンキャッシュが圧倒的ですが、価値に換算すると一番小さいのがわかります。まずお金のコストを話すために、クレジットカードの支払いについて見ていきます。どのように動作し、コストがどうなっているのか見てみましょう。

 

クレジットカード

トランザクションごとに、クレジットカード会社に2-3%のコストがかかると言われていて、クリプトはそれを変えると言われてますが、実際この2-3%はどこにいっているのでしょうか。

一般的にクレジットカードを使うと、5つの登場人物(役割)がでてきます。

f:id:CoffeeTimes:20171111204445p:plain

画像

 

Consumer、Merchant、Issuer、Acquirer、Switchの5つです。

このConsumerは物やサービスを購入する人で、それを提供するのがMerchant(お店とか)です。

そしてそのトランザクションを、Issuer、Acquirer、Switchが手助けします。

Issuerはクレジットカード会社・銀行のことで、Consumerはそれらの会社からクレジットカードを受け取ります。

Acquirerは、店などがクレジットカード受付するために使う機関(加盟店契約会社)で、StripeやSquare、Paypalなどがあります。日本ではIssuerがその役割を兼ねていることも少なくないそうです。

そして最後にSwitchですが、これはVisaやMastercardなどのIssuerやAcquirerと共同してトランザクションを完了させる役割があります。

ここでSwitchは仲介者の役割を果たし、「Consumer / Issuer」と、「Merchant / Acquirer」をつなぎます。

これによって、「クレジットカード利用者」と、「それを受け付けるお店」の2者間に関係性がなくてもトランザクションができるようになります。(むしろ、スイッチ(VisaやMastercar)をそれぞれが信頼する必要があります。)

ここで一般的なコストは一体何で、手数料はどこへ支払われるでしょうか。

 

f:id:CoffeeTimes:20171111205126p:plain

 

Consumer(自分らのようなカード利用者)が何かのサービスのためにMerchant(お店)に100ドル支払ったとします。

するとお店は、2%の手数料と$0.24のトランザクションチャージを支払う必要があります。そしてお店には$97.76が手元に残ります。

この$2.24は、Issuer(カード会社)、Acquirer(加盟店契約会社)、そしてSwitch(Visaやマスターカード)に山分けされます。上の写真の様な感じです。

トランザクション手数料の大半が、IssuerやAcquirerによって保持され、だいたい0.1%だけがVisaやMastercardなどのSwitchのもとへいっているのが分かります。

クレジットカード会社(Issuer)に払われた手数料(ここでいうと$1.80)は、詐欺防止などのためにも使われますが(~$0.12)、大半は、広告などのあまり価値の高いとは言えない付加価値サービスに使われます。また詐欺のコストや支払い取り消しのコストなどの追加のコストも、Merchantが支払います。(~$0.29)

 

 

Automated Clearing House(小口決済システム)

ACHと言われる小口決済システムの支払いは、235億回ほどのトランザクション数ですが、145兆ドルもの価値になります。ACH支払いは、電子上でお金をやり取りする方法として、これまでは最も効率的と言われています。

平均のコストは$0.27で、プロセスに2-3日の営業日がかかります。

さらに、ここで面白いのは、平均$6,193ドルが送金のためロックされているため、ACHトランザクションの価値およびコストは、思っているよりも高いということです。

もしお金の時間的価値が年5%だとして、3日間ロックされているとした場合、平均コストはトランザクションあたり$1.69にもなります。

(時間的価値とは、同じお金でも今日のお金のほうが、明日のお金よりも価値があるよいう考え方。その理由や解説はこちらのブログが参考になります。

平均のコスト($0.27)と、時間によって失うコスト($1.69)を足すと、ACHのコストは$1.96といえます。

 

Bitcoin

次はクリプトを代表してビットコインを見てみましょう。コストはいくらでしょうか。Bitcointicker.coからとってきたチャートが下にあり、あるブロックナンバーで承認されるためのトランザクションあたりのコストを示しています。シンプルなビットコイントランザクションのサイズは250byteほどなので、トランザクションコストは約0.000625BTC(~$4.5)くらいといえます。

f:id:CoffeeTimes:20171111210108p:plain

参考:Bitcoin Network Statistics

 

Ethereum

それではEthereumはどうでしょうか。Ethereumのネットワークは、より速くトランザクションを実行できるため、コストはビットコインよりも低くなります。現在は2ブロックの承認のコストは、1gwei($0.007)あたりと言えます。

 

f:id:CoffeeTimes:20171111210143p:plain

参考:ETH Gas Station | Consumer oriented metrics for the Ethereum gas market

 

 

トランザクションコストのまとめ

これまでの金融サービスではリアルタイムの送金方法はありませんでした。クレジットカードは数秒で記録されますが、トランザクションが承認・終了までは数日必要です。

一番はやい方法であるwire transferも24時間ほどでできますが、上にあげたものよりもコストが高いやり方になります。さらにクリプトは仲介者がいません。

 

f:id:CoffeeTimes:20171111210341p:plain

画像

 

ビットコインは、小切手よりも優れているけれど、ACH(お金の時間的価値ふくみ)よりは少しコストが高くなっています。しかし、ACHで送金するお金が大きい場合は、Bitcoinのほうがコスト的に優れているといえます。さらに、ビットコインは、$200以上の支払いのときは、クレジットカードよりも安くすむ方法といえます。

Ethereumはさらに安い方法かつ速い送金手段です。ビットコインほどは流動性は今はありませんが、今後流動性がさらに高くなり、より便利になると想像しています。

 

インフレコスト

その他のコストとして、インフレーションのコストを考えてみましょう。

お金の供給が増えてインフレすることによって、お金の価値が下がるという内在的なコストがあります。以下は、USドル、ビットコインイーサリアムの「インフレレート」

を示すグラフです。

 

f:id:CoffeeTimes:20171111210509p:plain

画像

 

現在、USドルのインフレレードは2.0%、Bitcoinが4.0%、Ethereumが7.8%となっています。ビットコインのマネタリーポリシー(政府でいうところの金融政策)はプロトコルとして決まっています。(供給量・時期がきまっている)

したがって、21Mのビットコインがマイニングされるまでの将来のインフレレートが分かります。これを見ると、ビットコインは2020年の6月には、1.7%までレートが落ち、USドルの過去最高3.2%と随分レートの幅が出ることになるとわかります。

Ethereumのマネタリーポリシーは、コミュニティのコンセンサスによって少し不明確ですが、Proof-of-stakeの移行あとは、インフレレート0.5%を目指すそうです。

従って、今日では、USドルがインフレコストにおいては勝っていますが、2.5年後にはビットコインもEhtereumも、USドルよりもインフレレートが低くなり、ホールドもしくは使用のコストが安くなると言えます。

 

最後に

この分析では、2つのコスト(トランザクションコスト・インフレコスト)について見ていますが、その他にも、詐欺や将来の価値、ボラティリティといったコストがあります。

ここでの結論としては、ビットコインやEthereumはこれまでの手法よりもトランザクションコストが安いということです。そしてUSドルは現在、2%と最も低いインフレレートで高いときでも3.2%でしたが、クリプトは将来それらよりもずっとインフレレートが低くなります。

2年以内に、トランザクションコストもインフレコストも、クリプトのほうが有利になるので、盛り上がってはきたクリプトですが、実はまだこれからなのです。

Ethereumはどのように動いているのか

最近では主要なメディアEthereumが出るようになってきました。Ethereumを聞いたことがあってもよくわからんという人が多いと思います。

また、AmazonがEthereumの名前のついたドメイン名を取得したというニュースも、なぜかBitcoinのイラストが表紙になってしまうのが現状です。理由は、EthereumよりBitcoinのほうが大衆の関心を掴みやすいからでしょう。

そんなEhereumですが、2018年は大手メディアが解説をし始めたり、解説本が出たりとする年になるでしょう。2017年のビットコインと同じように時代を飾ると予想しています。そんな時期にEthereumについて知っていたほうがいい!ということでこのポストを書きました。

基本はこちらのブログポストEthereumのイエローペーパーを翻訳・解説しながら仕組みにせまっていきます。図も同ブログポストとホワイトペーパーから引用しています。

テクニカルレベルでEthereumがどう機能するのかを説明します。興味のない人も、技術的なことが少し分かる、ことになることを望んでいます。

途中の構造のところで難しいと感じる部分があるかもしれませんが、雰囲気で読み進めて、ガスやトランザクションなど馴染みのあるところまで読んで全体像を掴んでみましょう。

続きを読む

Ethereum Devcon3のVitalikのコメント

メキシコ、カンクンでEthereumの開発者カンファレンスが行われています。

www.youtube.com

 

Ethereumの創業者であるVitalik Buterinは、ブロックチェーンの近い将来のビジョンを共有しました。話の中心は、データがサブセットに分割されるシャーディング(sharding)というプロセスについてです。小さいデータパケットを、ノードに格納することができるようになります。(今はフルノードに関してはすべてのトランザクションの履歴全体を同期する必要があります)

 

ソフトウェアはまだ開発中ですが、このアプローチは、トランザクションコストと処理時間を短縮し、Ethereumの抱える最も解決すべき課題であるスケーラビリティを向上させるためのアプローチだと彼は語ります。

 

さらに、デプロイは少し先になりそうだそうですが、Pythonでのshardingのproof of conceptは完成に近いようです。

 

またEthereumの他のプロジェクトにも言及しました。例えばEthereum Virtual Machineのアップグレードについてで、 WebブラウザがEthereumノードとして動作することを可能にする、Ethereum flavored webAssemblyeWASM)と呼ばれるメカニズムになるようです。

さらに 「ステートレスクライアント」と呼ばれるコンセプトが開発され実装されると、クライアントとネットワークを同期させるプロセスを合理化することができます。

 

f:id:CoffeeTimes:20171103224756p:plain

ビットコインが70万円を突破

タイトルの通り、1ビットコイン(1BTC)の価格が70万円を超えました。

つい2ヶ月前は45万円突破で、上がりすぎでしょう。と思っていたのですが。

coffeetimes.hatenadiary.jp

 

 

ちなみに1BTCが70万円なだけで、0.1BTC(7万)とか、0.01BTC(7千円)など、分割して購入できます。一番はじめの方などは、ここがわからず、高すぎといって躊躇する人をよく見てきました。

さて価格がここまで行くと、いろいろとキャズムを超えます。エンジェル投資する人や独立する人も増えるでしょうし、企業も開発に回すリソースが増え、より仮想通貨が身近になるサービスが出て来ることでしょう。

ガバナンスの問題で色々、実はあるんですが、それは後のち解説します。

 

まだ持っていない方は、体験してみましょう!(煽り

Zaif

Coincheck

 

Ethereumのドメインを取引。インターネットドメイン売買のようなName Bazzarが登場

f:id:CoffeeTimes:20171029201630p:plain

 

Ethereum Name ServiceENS)は、2017年4月にメインネット上に稼働しました。そのローンチは、オークションプロセスを使用することで、誰でも簡単に ".eth"で終わる名前を登録できました。

そのオークションシステムでは、7文字以上の長さの.ethアドレスを購入することができ、ローンチ以降、 618000件以上のオークションが開始されており、3,298,707 ETHが入札されています。 ENSは日々進化していて、今後2年以内に予定されているアップグレードにより、7文字未満の短い名前のオークションが可能になります。

 

ENSとは何か?

Ethereum Name Serviceは、読めるEtherのアドレスを提供するためのシステムです。暗号通貨が大衆に使われるためには非常に大切なステップです。普通Etherのアドレスは43桁の非常に長くもので、初心者を混乱させるものですが、ENSを使えば、誰でも簡単に短いアドレスを作ることができます。例えば  “CoffeeTimes.eth”  のような感じです。

 

資産としてのENSドメイン

ENSオークションにおいて、多くのEthereum nameが買われるようになってから、一度とった .ethのドメインを他の人に渡すツールが求められるようになってきてましたが、これまでそのようなサービスは存在していませんでした。

所有権を交換しようとする人たちは、お互い信頼し合うか、カスタムスマートコントラクト、もしくは弁護士をつけて法的契約に頼る必要がありました。

 

そんな中でも、ENSの立ち上げから過去6ヶ月間、.ethの名前はものすごい数がオークションにかけられました。高価な.ethの名前として、exchange.ethが6,660 ETH(約609,000ドル)、foundation.ethは300 ETH(27,000ドル)、weather.ethは101 ETH(9,000米ドル)でオークションにかけられました。

.ethアドレスの多くは、将来の購入者により高い価格で売って利益を出すような転売のために買われています 。さらに、現行のやり方ではアドレス名の不法占拠を促しているという批判もいくつかあります。

初期のインターネットブームのときのドメイン名と同じようなことが起きています。

 

最初のENSドメイン市場

そこで、最初のパブリックENS市場であるName Bazaarが最近、サービスを開始しましました。このプラットフォームは.ethアドレスの所有権を譲渡する方法を提供しており、トラストレスなスマートコントラクトをベースとしたインターフェースで簡単にEthereumの名前の所有権を譲渡することができます。

 

これにより、.ethアドレスのやり取りに伴うトランザクションコストを削減することができます。所有権を譲渡するために必要なのは、MetaMaskまたはParityのブラウザ拡張を使ったEthereumのアドレスだけです。

あるいは、ENSドメインhttps://www.reddit.com/r/ENSMarket/でも交換ができます。今現在では、ENSドメインの販売を目指している人数は300人を超え、数百人もの人々が参加しています。

 

現在、世界中に2900を超えるDNSドメインレジストラがあります。これは私たちが普段使う標準的なWebアドレスのプロトコルです。Ethereumの採用率が増加し続けると、それよりも多いENSドメインレジストラのプールができることでしょう。

 

参考:

https://namebazaar.io/

Speculators Jump On New Gold Rush Called Ethereum Name Service

ICANN | ICANN-Accredited Registrars

Polkadotトークンホルダーの利点、各ノードの役割、そのインセンティブ設計

Polkadotについて

PolkadotICOが完了して、しばらくはあまり話題にならない可能性がありますが、

クロスチェーンはかなりの確率で来年のホットワードになると思うので、また少し書きます。

概要は前回記事を読んでみてください。

Polkadotとは | ブロックチェーン間をつなぐ Web3プロジェクト - The Coffee Times

 

Polkadotについて簡単にいえばブロックチェーンをつなぐネットワークです。各ブロックチェーンのセキュリティをPooled securityという形で担保しつつお互いをつなぐという部分が、他のCosmosなどとは違った技術的特徴だと先日core developerが東京に来た際に言っていました。

個人的に思うのは、ロードマップが非常に長い(約2年)のため、他のプロジェクトととの差別など今はあまり重要じゃないと言った様子です。Pivotする可能性は常にあるので、そこで小さな差別化を図るよりもまずは実装ファースト、というのが心境のようです。

 

トークン所持者のメリット

またトークンに関して質問をすると、トークンホルダーのメリットは大きく2つ。

1つは、トークンの価値上昇が期待できること。(開発者自身がいっていました)2つ目は、ピュアにPoSの利益を享受できること。つまり次のブロックを生成した人に報酬が与えられるその報酬と、プロトコルの変更・更新などのガバナンスの参加権限です。

PoSでは、「マシンの性能がよく・電気量をたくさん使えるノードが報酬をうけやすい」PoWと異なり、Stakeの量、つまりトークン量によって報酬が与えられるため、トークンを持つインセンティブになります。(トークンを持っている人が自己不利となる行動を起こさないというアサンプション=前提にもとづいて設計されています。)

 

さらにトークンホルダーのBenefitというのは、あとからいくらでも付与されることが可能です。2年後となると、今とは状況はまったく変わり、様々なDappsに対し、特定のトークン以外が使えるという状況になると想像されるため、一概に上記2つの利点だけがトークンを持ちたい理由、とは必ずしもいえず、ビジョンを応援する目的で持つ人も多いようです。

 

ネットワークの構成要素

f:id:CoffeeTimes:20171029163400p:plain

写真

 

ここでpolkadotのネットワークを構成するノードの役割、そしてそのノードを動かす動機を書きます。

 

・Validators

PoWでいうところのマイナーにあたります。次に紹介するCollatorから許可を受けリレーチェーンを有効化し、他のValidatorとコンセンサスをとります。そして報酬にトークンを得ます。

f:id:CoffeeTimes:20171029163518p:plain

 

・Nominators

リレーチェーンをセキュアにするために、適切なValidatorを選ぶのがこのNominatorです。staking DOTsとあり、こちらも報酬を貰える役割です。

NominatorとValidatorを分けているのは、セキュリティを100%妥協せず、ノード間のコミュニケーションなくし効率化するためでしょう。

f:id:CoffeeTimes:20171029163534p:plain

 

・Collators

パラチェーンのトランザクションをまとめ、Validatorのための「状態トランザクション」を生成することで、パラチェーンを維持します。これのおかげでスケーラビリティ問題に対応します。

現状のPowでは、マイナーがマインするトランザクションをすべて見て、その上でブロックを生成します。しかしCollatorは同じ役割ですが、Collator1つに対し、担当するパラチェーンは1つにしています。CollatorAはパラチェーンAだけを、CollatorBはパラチェーンBだけのトランザクションを生成します。そしてそれに対応するValidatorがそのチェーンを有効化します。

その結果、手数料を得ることができ、それがこの役割のインセンティブになります。上2つと違うのはPosのトークンexpansionと違い、あくまで手数料が貰えるので、取引が活発になることがこの役割にとっての追い風になります。

f:id:CoffeeTimes:20171029163550p:plain

・Fishermen

これがセキュリティの最後の要であり、ネットワーク・悪意のあるValidatorを監視し、健全性を維持します。悪意のあるValidatorを見つけた場合に、そのValidatorのトークン持ち分はバーンされることになっていますが、一部がバーンされずFishermenに渡されるため、この役割のインセンティブになります。

f:id:CoffeeTimes:20171029163602p:plain

 

こうしてみてみると、最適化するために4つの役割にわけ、それぞれがインセンティブ設計されています。これらの役割はすべてのノードと連絡を取るのではなく自分の連絡を取るノードはこれと決まっているため、そこまでトランザクション時間に影響を与えないようです。

 

今後

プロジェクトとしてロードマップは約2年とかなり長期的に見ています。界隈を取り巻く状況は2年で変わるだろうけど、多くのブロックチェーンまたプライベートなコンソーシアムのチェーンがたくさん出るだろうと予測しているみたいです。

 

個人的にも2018年はクロスチェーンが大きなトピックになると考えています。将来、本流ビジネスのサービスで、わざわざチェーンを選ぶ必要はないです。今日自分らがネットを使う際、動画だからTCPじゃなくてUDPプロトコルで通信しよう、なんて意識しないわけです。

浸透してきてもまだまだ黎明期です。これからもさらに面白い話が待っています。

ご一読ありがとうございました。