The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

Belacoinとは?そしてBelacamの将来性について

久しぶりの更新です。ここ最近はGMATというテストで撃沈し5月末のリベンジのため、かなりの時間を割いて勉強しています。仕事もそれなりに忙しく、ブログを更新していませんでしたが、GWに入ったため、BelacoinとBelacamというサービスについて手短に書こうと思います。

 

Belacoinとは

暗号通貨の一種です。相変わらず米国好きで、米国のスタートアップ事情に目がない私ですが、かつ仮想通貨・ブロックチェーン関連となると更に好奇心が増します。それで興味を持ち始めたのが、このBelacoinというプロジェクトです。

米国で会社登記がもっとも多いデラウェア州に本拠地を構えるAmbiafundが運営・開発しています。技術が独創的というよりは、仮想通貨やブロックチェーンのユースケース(利用シーン)を多く作っていこうという考えの元、事業をしています。

 

Belacamについて

f:id:CoffeeTimes:20170428205838p:plain

Belacoinを使ったサービスがBelecamです。一言で言えば、報酬のあるインスタグラムです。つまりユーザは写真を投稿して「いいね!」がつくとBelacoinを獲得できるSNSです。Belacoinはpoloniexなどの世界最大取引所でBitcoinに交換することができますから、実質、法的通貨を得られることになります。

以下のようにYahoo!Finaceで「Instagramよ、ライバルがきたぞ」という説明がされています。

Watch Out Instagram, This Competitor Lets You Get Paid for Posting

 

現在はBeta版テストとしてしっかり稼働はしているものの、デザインもお世辞にも綺麗とは言えません。しかし5月末にはデザインが以下のように刷新される予定です。

 (左が新しいデザイン。右が現在。)

 

また細かい話(界隈の人は好きな話)ですが、5月のデザイン刷新と並行して幾つかのアップデートを予定しており、プログラムソースのコア部をLitecoinベースに書き換えるとのことです。したがってSegwitを導入し、ユーザが増えてもBelacoinを遅延やストレスなく獲得・送金することができるようになります。

また運営元のAmbiafundが、元Facebookのエンジニアを手伝いで雇えたそうで、バグ取り含めて開発はかなり早く進んでいます。人員が確保しやすいのはアメリカのスタートアップの強みだと言えますね。

 

今後

Instagramのユーザ数はつい最近700百万ユーザを超え話題になりましたが、多くのヒットSNSは同じような緩やかな増加のあと線形に伸びていきます。(Facebookも同様でした。)

f:id:CoffeeTimes:20170428211243p:plain

写真はStatistaより引用

 

Belacamも似たようなユーザ曲線を辿るとすれば、個人の活動や趣味で経済的安定を得れる時代が実現したと言えます。

それは一例に過ぎませんが、Occupy of Wall Streetから明るみに出た貧富の差への対応策として、仮想通貨のアプリやサービスは、ベーシック・インカムと並ぶ解決策になり得るといえます。

ギャンブルプラットフォーム Vdice 稼働中です。

f:id:CoffeeTimes:20170131213559p:plain

ブロックチェーンとスマートコントラクトによって、胴元のいないギャンブルプラットフォームを実現しているVdiceであるが最近ユーザも増えアクティブさが増している。

 

このVdiceは、ギャンブル利益を、ギャンブルの勝者とトークンホルダーに還元するというものである。例で説明しよう。ICOの結果、33,390,496VLSトークンが生成され、配布された。ICOもしくは取引所で、あなたが100,000VSL持っているとしよう。つまり持ち分は全体の0.299%である。
そしてVdiceのユーザたちがギャンブルゲームを行った結果、ロックピリオド(Lock Period)と呼ばれる期間中が始まったときに、1000ETHが利益箱(ProfitContainer)に貯まったとしよう。これらの利益箱のトークンは、VSLトークン保持者で山分けということになるため、あなたは0.299% x 1,000 ETH = 2.99 ETHをこのロックピリオド中に、引き出すことができる。
こちらのリンクにアクセスすると、利益箱(ProfitContainer)が次いつロックピリオドに入るのかが表示される。ステータスがロックのときのETHの受取方法はこちらにまとまっている。

 

 

 


VSLの入手方法

ICOに参加していない人は、現在以下の取引所でVSLトークンを入手可能だ。
Etherdelta
Liqui
Livecoin
2017年の春には、BittrexやPoloniexを含む新たな取引所に上場する計画をしている。現在ICO価格とほぼ変わらない価格で入手できる。

今後

すでにサードパーティに環境をオープンにしており、多種多様なギャンブルアプリの開発に力をいれている。単なるギャンブルアプリをスマートコントラクトで実装することを目指すのではなく、技術を磨いてニッチな賭け事に積極的に展開していく予定である。

Panasonic 自動運転車の将来像

2年ほど前からPanasonic白物家電から、自動運転技術や自動運転車内のタッチディスプレイなどのソフトフェアに舵をきってきました。強みを活かした選択と集中だと思います。

 

 

 

新しくコンセプト動画が発表されています。このように自動運転車が実現されることを前提としてサービスが盛り上がってきています。

NASAがドローンの空気力学を明らかに

f:id:CoffeeTimes:20170114151453g:plain

 

NASAがドローンの空気運動をスーパーコンピュータでモデリングしました。次世代の航空機やロケットを創るプロジェクトの一環です。

 

 

 

実験は、シリコンバレーにあるNASAのAme研究所にて行われ、ドローンはDJIのファントム3が使われました。X型の形態が生み出す複雑な空気の流れを可視化し、回転翼を4つ多く取り付けることで、2倍の浮力を持つことも明らかにしています。

実験の結果は、ドローンを使った積荷作業や、配達の研究にも使われることになっています。

参照:NASA 

 

 

 

ビットコイン買うなら? 取引所比較レビュー

Bitcoinの価格が急落していますが、年末から年明けにかけて盛り上がりすぎた価格への調整が今入っている感じです。とは言ってもこの1年間で5倍の価格になっていますし、長期的には明るい展望と思います。

普及を促すためにも、主流の取引所3つを簡単に紹介します。

続きを読む

チップは誰に・いくら・払えばいいのか?

2017年がスタートしました。HISなどでは初夢フェアが始まり、春休みや夏にむけて海外旅行の計画を立てる人も多いと思います。

今回はチップについて、復習です。(初めての方もどうぞ)基本的に2割り程度で覚えておけばOKですが、渡す人、シチュエーションによって微妙に変わってきます。

下にまとめました。

f:id:CoffeeTimes:20170109170829p:plain

渡さないと?

基本チップで生計を立てる、ないしはチップを含めて生活費を工面しているため、渡さないことは最悪です。人によっては受け取るまでずっと待っていると思います。

右の列にチップが給料に占める割合を載せていますが、チップが給料の半分というのもざらにあります。

 

 

 

シチュエーションによって金額を変えよう

チップは基本心付けですから、サービスの質によって多少変化をもたせるのが一般的となっています。

例えば、食べ物のデリバリーを天気が悪い日であれば、少し多めにチップ渡す。

バーテンダーに時間がかかるドリンクを頼んだときは多めに渡す。などです。

またクーポン等で割引になったときは、割引前の金額でチップの計算をするのが一般的となっています。

 

それでは、簡単ですが、ご一読ありがとうございます。

Coolに気持ちよく旅をしましょう。 

 

フィンランド ベーシックインカム試験導入 2000人対象

f:id:CoffeeTimes:20170104092939p:plain

Finland basic income: 2,000 citizens getting guaranteed income of $587/month - Jan. 2, 2017

 

CNN Moneyの記事であるが簡単に内容を要約する。今月からフィンランドで2000人を対象にベーシック・インカムを導入が始まった。

収入・資産・職業にかかわらず、毎月560ユーロ(約7万円)を支給するというものだ。

2年間の期間継続され、対象者はランダムに選出される。条件は失業手当か所得補給金を受給していた経歴があることとなっているが、試験結果しだいでは国民全体に広げる可能性も示唆している。

 

 

 

仕事はしなくてよくなるのか?

ビル・ゲイツが、ドイツ国家金融機関の幹部に放った言葉がある。

「we always overestimate the change that will occur in the next 2 years, and underestimate the change that will occur in the next ten.」

和訳すると、

「私たちは、次の2年で起こる変化に過大評価している(期待しすぎている)。しかし10年で起こる変化を過小評価している(甘く見ている)。」

 

AIが、「深層学習」によって爆発的な速度で学習をし始めている。

2年の期間では、大きな変化はないように思えるかもしれない。しかし10年も経てば、一部の職が完全に奪われることは悲しいながらも目に見えていて、しかもこの流れは不可逆的で、加速度を増していく。

それに加え、貧富の差は止まらず、Occupy Wall Streetに始まり、昨年の記憶に新しいBrexitやトランプ大統領の誕生に繋がった。

 

生活を豊かにしてきたテクノロジーが世界をいびつな格差社会にしていることは、一部で正しい。

ベーシック・インカムが唯一の解ではないにしろ、仕組みとして、労働以外の生活手段は必要だろう。

人間が行う本当に必要な仕事は、少なくなるのだから、ボランティアだったり創作活動がもっと評価される仕組みに変わっていくときが来ている。