The Coffee Times

シゴト・英語・テクノロジー・人生の楽しみ方を発信してます

チップは誰に・いくら・払えばいいのか?

2017年がスタートしました。HISなどでは初夢フェアが始まり、春休みや夏にむけて海外旅行の計画を立てる人も多いと思います。

今回はチップについて、復習です。(初めての方もどうぞ)基本的に2割り程度で覚えておけばOKですが、渡す人、シチュエーションによって微妙に変わってきます。

下にまとめました。

f:id:CoffeeTimes:20170109170829p:plain

渡さないと?

基本チップで生計を立てる、ないしはチップを含めて生活費を工面しているため、渡さないことは最悪です。人によっては受け取るまでずっと待っていると思います。

右の列にチップが給料に占める割合を載せていますが、チップが給料の半分というのもざらにあります。

 

 

 

シチュエーションによって金額を変えよう

チップは基本心付けですから、サービスの質によって多少変化をもたせるのが一般的となっています。

例えば、食べ物のデリバリーを天気が悪い日であれば、少し多めにチップ渡す。

バーテンダーに時間がかかるドリンクを頼んだときは多めに渡す。などです。

またクーポン等で割引になったときは、割引前の金額でチップの計算をするのが一般的となっています。

 

それでは、簡単ですが、ご一読ありがとうございます。

Coolに気持ちよく旅をしましょう。 

 

フィンランド ベーシックインカム試験導入 2000人対象

f:id:CoffeeTimes:20170104092939p:plain

Finland basic income: 2,000 citizens getting guaranteed income of $587/month - Jan. 2, 2017

 

CNN Moneyの記事であるが簡単に内容を要約する。今月からフィンランドで2000人を対象にベーシック・インカムを導入が始まった。

収入・資産・職業にかかわらず、毎月560ユーロ(約7万円)を支給するというものだ。

2年間の期間継続され、対象者はランダムに選出される。条件は失業手当か所得補給金を受給していた経歴があることとなっているが、試験結果しだいでは国民全体に広げる可能性も示唆している。

 

 

 

仕事はしなくてよくなるのか?

ビル・ゲイツが、ドイツ国家金融機関の幹部に放った言葉がある。

「we always overestimate the change that will occur in the next 2 years, and underestimate the change that will occur in the next ten.」

和訳すると、

「私たちは、次の2年で起こる変化に過大評価している(期待しすぎている)。しかし10年で起こる変化を過小評価している(甘く見ている)。」

 

AIが、「深層学習」によって爆発的な速度で学習をし始めている。

2年の期間では、大きな変化はないように思えるかもしれない。しかし10年も経てば、一部の職が完全に奪われることは悲しいながらも目に見えていて、しかもこの流れは不可逆的で、加速度を増していく。

それに加え、貧富の差は止まらず、Occupy Wall Streetに始まり、昨年の記憶に新しいBrexitやトランプ大統領の誕生に繋がった。

 

生活を豊かにしてきたテクノロジーが世界をいびつな格差社会にしていることは、一部で正しい。

ベーシック・インカムが唯一の解ではないにしろ、仕組みとして、労働以外の生活手段は必要だろう。

人間が行う本当に必要な仕事は、少なくなるのだから、ボランティアだったり創作活動がもっと評価される仕組みに変わっていくときが来ている。

来年こそは達成したい!米国研究が明らかにした目標達成の秘訣とは?

f:id:CoffeeTimes:20161231113515p:plain

画像:AMI

 

 

年始に1年の目標を決める人は多いと思いますが、書いたり発言をする人のほうが達成率が高いことがわかっています。

米国のスクラントン大学の研究によると

http://www.statisticbrain.com/new-years-resolution-statistics/)アメリカ人の45%が年のはじめに目標を立てており、この内周りに公言している人のほうが達成確率が高かったとのことです。

 

 

目標達成ができない理由として、「目標を忘れる」、もしくは「目標を達成したらどれほど素晴らしいかを忘れる」ということが挙げられます。

せっかく年始に立てた目標や、その達成したあとの夢見る世界を忘れないために、ノートに書く、ブログに書く、人に伝える、ということをしてみてはいかがでしょうか。

 

公言することは逃げ道を少なくすることでもあります。達成への覚悟の最初の一歩といえます。

米国元大統領のエイブラハム・リンカーンは、「なると決めたら、達成したのとほぼ同じである」という言葉を残しています。

覚悟を決め、本心から望めば、目標は達成するものです。「目標+達成したらどれほど素晴らしいか」を想像しながら年末年始を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

仮想通貨界隈の2016年といえば

今年、仮想通貨・暗号通貨の分野で一番注目を集めたのは、この人たちであろう。

 

 

イノベーションの初期には、壮大な実験を行ってくれた彼らのような痛みは伴うはずである。今後も界隈で色々な珍事件を期待している。

 

はてなブログのアクセス解析が正しく動いていない

はてなブログアクセス解析が12月22日あたりからうまく動作していないようです。Yahooからのアクセスもカウントしておらず、数字が一気に下がっています。

昨日ポストしたAmazonの記事について、はてなブックマークがついた数より、アクセスが少なくなるということが起きており、正しくカウントされていません。

同様の事象が発生している人も多いので、改善されることを待っています。

 

はてなブログ Perfect GuideBook

はてなブログ Perfect GuideBook

 

 

Amazonはいかにして2時間内の配達「Prime Now」を可能にしているのか

 

Amazon Fresh(新鮮な食材を宅配するサービス)を日本でも開始予定であると本日発表がありました。いわゆる生鮮食品は、日本のeコマース上では主流になっていない分野でしたが、その傾向を変えそうな発表です。

 

 

Amazonはわずか5年程度で、世界最大の流通網を持つに至りました。そしてその物流力を武器に、ある地域であれば、2時間以内に配達するというAmazon Prime Nowというサービスを可能にしています。

以下の記事ではなぜそんなことが可能なのかを説明しています。ビデオもあるので、見てみてください。

www.geekwire.com

 ポイントをピックアップすると、配送センターの在庫の置き方に工夫があります。あえて商品をカテゴリーで分けて整理することはせず、様々な商品がバラバラに収納されています。これによって異なる種類の商品を選ぶ際、長時間をかけて隣の倉庫に移動するという手間が省け、大幅な時間短縮につながっています。また種々雑多に置かれた倉庫でも、商品の位置はデータ管理がされており、最短経路で商品を見つけることができます。

日本ではDMMの倉庫はすべて自動であるそうですが、基本ロボット棚が自分で動くこととドローンがピックアップすることで倉庫内は作業が完了するようになるでしょう。

 

Amazon タブレット

Amazon タブレット

 

 

今年のブラックフライデーも相変わらずヤバイ

f:id:CoffeeTimes:20161127145819p:plain

昨年、ブラックフライデーの売上で初めて、オンラインの売上がリアル店舗の売上を上回りました。(今年のブラック・フライデーは少し違う - The Coffee Times

今年の結果はまだ出ていませんが、今年も前年同様になると思っています。

 

 

 

そして昨年はアウトドアメーカーのREIなどはリアル店舗を閉めていたこともあり、今年は少し落ち着くかと思っていましたが、今年の状況も相変わらず、激しいようです。

 

 

Teslaをはじめ車すらオンラインで買えるようになったので、このブラックフライデーの混乱もいずれ少なくなっていくでしょう。昔はよくあんなにひどい買い物の仕方をしたなぁと、振り返す時期がくるのでしょうか。